らをた広島

食べ歩きブログ

AI崩壊

 

f:id:unkosuzou:20200607200058j:plain

『22年目の告白-私が殺人犯です-』などの入江悠がメガホンを取った、AI社会になった近未来の日本が舞台のSFサスペンス。

人工知能が暴走し日本中を巻き込む大惨事を起こすさまを、入江監督のオリジナル脚本で描く。

ドラマシリーズ「JIN -仁-」などの大沢たかおが主人公を演じるほか、賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリス三浦友和らが共演する。

f:id:unkosuzou:20200607200118j:plain

天才科学者の桐生(大沢たかお)が開発した医療AI「のぞみ」が、国民の膨大な個人データを基に、人間を選別し殺りくを始める。

人々がパニックに陥る中、AIを暴走させたテロリストと断定された桐生は逃走を図るが、警察のAI監視システムによって徐々に追い詰められていく。

一方、桐生の義弟で「のぞみ」を運営する企業の代表を務める西村(賀来賢人)は、事態の収束に動いていた。

f:id:unkosuzou:20200607200127j:plain

最新の日本映画。

近未来のAI支配された世界を描くのだがストーリー的には目新しいものではなく比較的よくあるタイプのお話ではある。

f:id:unkosuzou:20200607200623j:plain

キャストは非常に豪華でカネがかかってるのがよくわかる。

別に粗探ししてるわけじゃないが未来の道路に今の普通のクルマが走っていたり、さっき大渋滞してる筈が普通に運転していたりとディテールが雑だ。

f:id:unkosuzou:20200607200643j:plain

それとキモであるAI達が音声だけで操作されていたりとAIの描き方が昔の映画のようなアナログで世界観がチープで興醒めしてしまう。

映画だからある程度は理解出来るがこの映画にはあまりに御都合主義のツッコミ所(丸腰の被疑者に警察が一方的にバンバンショットガン射撃とか)があり過ぎてリアリティがあまりにもなくだんだんバカらしくなってくる。

f:id:unkosuzou:20200607200702j:plain

最後の謎解きはまあまあ面白かったがそれまでの茶番でせっかくのスリリングさが薄まり、この犯人も無理筋の感もある。

f:id:unkosuzou:20200607200741j:plain

こんな豪華な俳優陣を集める金があるならそこを節約してもっと映画のクオリティを上げて欲しかったが旧態依然のテレビ局主導映画だとここら辺が限界なのだろう。