らをた広島

食べ歩きブログ

ペンギン(中区)特製クワトロ煮干しらぁ麺醤油

ペンギン

公式サイトにて2023年末限定でクワトロ煮干しらぁ麺をやると告知されていたのでこれ目当てでやってきた。

開店時間少し前に着いたのだがさすがに人気店だけあってもう数人の待ち客がいた。

開店時間のなって入店しまずは自動券売機で食券を購入する。

特性クワトロ煮干しらぁ麺の醤油のチケットを購入してカウンターに通された。

公式サイトによるとこのクワトロ煮干しとは「焼きあご、いりこ、さば、うるめ」ということらしいがやはりこのお店のラーメンには期待してしまう。

チョット待ってからキタヨ!!ペンギンの特製クワトロ煮干しらぁ麺醤油1500円。

店内に原田製麺だと告知してあったので間違いないと思うがこの手のラーメンにもさすが原田製麺の麺ってよく合うんだなと実感する。

スープはクワトロ煮干しと言うだけあってどえらい煮干しの旨味が押し寄せてくるのだが臭みとかエグみとかは完全に消し去っていてここらへんの処理は凄い。

特製ラーメンなのでワンタンとチャーシューは追加増量されているのだがこのワンタンはかなりの一品でこれだけのために特製にしても後悔しないだろう。

チャーシューは鶏と豚の2品種、3種類のが驕られていてどれもこれも丁寧に造り込まれていて思わず唸ってしまった。

レア、コッテリ、そしてアッサリした鶏チャーシューとバリエーションも豊かで食べ飽きせない工夫が随所に見られる。

これだけの肉がどっさり入っているのにスープには脂がほとんど浮いておらずどういう仕様になっているのか不思議ではある。

メンマは一本の長いタイプで海苔もおそらく普通のとはちょっと違うようで隅々まで気配りしてあるのが理解できてしまう。

ネギは2種類で違った楽しみがあるし柚子は完全な隠し味に使われていて決してでしゃばらずこのへんのセンスも抜群だ。

もう迷うことなくスープまで余裕で完食。

1500円と決して安くはないがその値段に見合った内容だと満足感も高かったペンギンの2023年末限定特製クワトロ煮干しらぁ麺醤油だった。