らをた広島

食べ歩きブログ

麺屋 廣島弐番(中区)野菜マリネらーめん

麺屋 廣島弐番

基本的に夜専のお店なのだが毎年ゴールデンウィークにはランチ営業をしてくれるのでこれを狙ってやってきた。

クルマをコインパーキングに入れて開店時間少し前にやってきたのだがさすがは人気店だけあって待ち客がいた。

表にメニューが貼ってあるのでどれにしようか迷ってしまって結局、鶏豚ラーメンにするかと決めかけていたらヨコに限定ラーメンの告知が。

入店すると自動券売機で食券を購入するのだが限定野菜マリネらーめんを選んでしまった。
その後カウンターに通された。

ちょっと待ってからキタヨ!!麺屋 廣島弐番の限定冷野菜マリネらーめん880円。

麺は驚きの緑色でもしかしてこれって祇園パセリが練り込んであるのか。

冷たいスープに冷たい麺のせいもあるが凄まじいまでのコシが嬉しい。

野菜はドッサリというか鬼のようにトッピングされていてなんだか草食獣になったような気分だ(笑)

スープは基本的に塩ラーメンのようで澄んでスッキリした味わいはなんだかホッとさせられる。

だけど決して洋風のパスタみたいにはならずラーメンを感じる事ができる。

後はもうハッキリ言って野菜との闘いなんだが非常に多種類で詳しくない自分にはどれがどれだかよくわからない。

唯一ハッキリと認識できるのはやはりパセリでこれって丸ごと食べられるという事自体知らなかった。

パセリというと洋食にふりかけてあるか、弁当の彩りにいれてある野菜と思っていたが食べてみると不思議な味わいがするもんだ。

決してウマいとは思わないが想像していたより青臭さがなくスッキリとした味わいでなるほどこれをブランド化して祇園パセリとして売りたい気持ちはわかる。

対して倉橋のトマトって書いてあったがこれはなんだか凡庸な味わいでその良さが自分にはわからなかった。

なんだか精進料理を食べているような感じがしないでもないが、エエ歳ぶらさげたオッサンにはこういうのが健康にも良いのかもしれない(笑)

久しぶりに来たがなかなかオリジナリティもあって満足感も高かった麺屋 廣島弐番限定冷野菜マリネらーめんだった。