らをた広島

食べ歩きブログ

麺処 井の庄(広島三越激辛&熱々グルメフェア)辛辛魚らーめん

f:id:unkosuzou:20210115092946p:plain

広島三越激辛&熱々グルメフェア

寿がきやの麺処井の庄監修 辛辛魚ラーメンのカップ麺は楽しみにしていて毎年のように食べているがホンモノを食べたくてやってきた。

f:id:unkosuzou:20210115093220p:plain
f:id:unkosuzou:20210115093223p:plain

ローカル番組で宣伝していたからさぞかし混んでいると予想していたのだが実際はガラガラで本来なら入り口で入場制限する筈の担当者が呼び込みをしているくらいだった(笑)

f:id:unkosuzou:20210115093231p:plain
f:id:unkosuzou:20210115093228p:plain
f:id:unkosuzou:20210115093225p:plain

イートインスペースはパーティションが作られ席数もかなり少なくなっていたが空いているので快適な空間だった。

f:id:unkosuzou:20210115093552p:plain

ちょっと待ってからキタヨ!!麺処 井の庄の辛辛魚らーめん951円。

このメニューは辛さが3通りから選べるのだが今回は店舗で出しておられるのと同じ2番めの辛さにしてみた。

f:id:unkosuzou:20210115093720p:plain

寿がきやカップ麺のフリーズドライ麺と比較して悪いのだがより太麺でコシがあるのがわかる。

f:id:unkosuzou:20210115093236p:plain
f:id:unkosuzou:20210115093234p:plain

上の乗っかっているのは何も辛味成分だけではなくて魚粉の方が多いくらいでこれを溶かしながら食べすすめるようだ。

f:id:unkosuzou:20210115093240p:plain
f:id:unkosuzou:20210115093242p:plain

辛さに関してはカップ麺で体験済みなのでこれは予想通りでスープの旨味もこれに負けていない仕様も折込済みの印象が強い。

f:id:unkosuzou:20210115101938p:plain

ちょっと驚いたのはこのぶっといメンマの柔らかさ、そして旨さでこれほどの上物を体験したことがないのだがどうなっているのだろう??

f:id:unkosuzou:20210115093246p:plain
f:id:unkosuzou:20210115093249p:plain

チャーシューはでかくてぶっといのが一枚デーンと入っていてこれもホロホロに柔らかく上質なのに感心した。

f:id:unkosuzou:20210115093247p:plain
f:id:unkosuzou:20210115093252p:plain

少し辛いネギもシャキシャキで歯ごたえが楽しい。

全部粉をスープに溶かしても辛さはそれほど変化しないので元々のスープに結構な辛味がつけてあるように思う。

f:id:unkosuzou:20210115093255p:plain

メンマ・チャーシューはとてもじゃないが及ばないがスープ、麺に関しては寿がきやカップ麺はかなりいい線いってることが皮肉にもわかってしまった。

個人的には絶品のメンマに完全に心を奪われてしまった広島三越激辛&熱々グルメフェアでの麺処 井の庄の辛辛魚らーめんだった。

けっこうな辛さではあるが角がとれているマイルドなので辛さ耐性普通のヒトでもある程度は楽しめると思う。

2021年1月13日〜19日広島三越8階催物会場。

#生きている

f:id:unkosuzou:20201218162040j:plain

ある日、韓国ソウル近郊で突如として謎のウイルス感染が発生、感染した人々は次々にゾンビ化して都市で暴走、電話は通話不能Wi-Fiもインターネットも通信不能という過酷な状況下で、ゾンビ集団はパニック状態に陥った街へ襲いかかっていく。

f:id:unkosuzou:20201218162100j:plain

事態に巻き込まれたゲームオタク青年オ・ジュヌ(ユ・アイン)は、生き残るためにマンションの部屋に閉じこもり、必死のサバイバルを開始することに・・・。

状況を知る唯一の手がかりはテレビのニュースと窓から見える景色だけ。

f:id:unkosuzou:20201218162114j:plain

壮絶な状況の中、VR機器やドローン、SNSを使いこなすデジタルネイティブ世代のオ・ジュヌと、向かいのマンションの女性で、斧やロープなどのキャンプツールを駆使するアナログ派のキム・ユビン(パク・シネ)は、互いに協力して、絆を深め、この絶望的な状況から抜け出すべく画策。

果たして彼らに待ち受ける衝撃の未来とは!?

f:id:unkosuzou:20201218162128j:plain

ネットフリックスの韓国ゾンビ映画

冒頭からいきなり周囲の人間が突然ゾンビ化して襲いかかってくるパニックになるのだがコレが相当にリアリティがあって恐ろしい。

f:id:unkosuzou:20201218162142j:plain

変な話、途中まで観て挫折してしまったウォーキング・デッドの韓国版みたいな映画でそういう意味からはスタンダードな内容とも言える。

主人公は近隣が全部ゾンビ化してしまい自宅に立て籠もって身を守るしかなくなるのだがたった一人孤立していく中で限界があるので様々な苦難や葛藤か描かれる。

f:id:unkosuzou:20201218162153j:plain

その分役者の力量が問われる訳だがそこらへんはこの主人公は見事にこなしていて韓国映画の今の実力を思い知らされる。

それに途中から出てくるパク・シネと言う女優さんもなんとも魅力的だ。

f:id:unkosuzou:20201218162204j:plain

パラサイト半地下の家族でもそうだったが前半後半でストーリーが分かれておりスピーディーでワクワクした前半に比べて後半は意外な展開を見せてくれる。

f:id:unkosuzou:20201218162226j:plain

韓国映画らしくもっとドカーンと弾けたラストを期待していたから肩透かしを食らったような気がしないでもない。

それでも現在の韓国映画のレベルの高さをしっかりと伝えてきた#生きているだった。

 

南京ラーメン 黒門(北九州市)ラーメン大

f:id:unkosuzou:20201218150233p:plain

南京ラーメン 黒門

調べてみたら5年ぶりの訪麺ということのようだ。

f:id:unkosuzou:20201218155821p:plain

ただ以前のお店からは移転されているのでこちらは初めてだ。
何件かのお店が共同で広い駐車場を使っていてクルマでくるには格好のシチュエーションとも言える。

f:id:unkosuzou:20201218160058p:plain

ちょっと待ってからキタヨ!!南京ラーメン 黒門のラーメン大800円。

ラーメン、ラーメン大、おにぎりしかないシンプルすぎるメニューも凄いが初めての大盛りをお願いして出てきたラーメンのかなりの量があるのにちょっとビビった。

f:id:unkosuzou:20201218160329p:plain

お久しぶりなので記憶が定かじゃないがハナっから伸びているような柔らかい麺に更にびびった(笑)

f:id:unkosuzou:20201218155827p:plain
f:id:unkosuzou:20201218155829p:plain

それでもこの手の柔らかくスープを吸った麺が好きだという意見もわかるような気もするし実際こっちのほうが似合っているラーメンだってある。

f:id:unkosuzou:20201218160713p:plain

あまり濁っていないどちらかと言えば清湯系豚骨スープとでも呼べば良いのかわからないが非常に優しいテイストで食べ初めなどは味が薄いんじゃないかと思ってしまうほどだ。

f:id:unkosuzou:20201218155835p:plain
f:id:unkosuzou:20201218155841p:plain

チャーシューは薄く切られたのが数枚入っているが味付けは同様に控えめながら旨味はぎっちりで脂分も多めでこれまた格別だ。

f:id:unkosuzou:20201218155832p:plain
f:id:unkosuzou:20201218155839p:plain

それから少しのモヤシにメンマ、小さく刻まれたネギというトッピングだけどこちらは完全に脇役ながらしっかりと仕事をこなしている印象がある。

f:id:unkosuzou:20201218155843p:plain
f:id:unkosuzou:20201218155846p:plain

この手のラーメンによくあるように前半は少し物足りなく感じても後半にかけて味変を必要とせず本領を発揮してグイグイと食べすすめる強さがこのラーメンにはある。

気がつけば大盛りの麺はなくなりスープも完食してしまっていた。

これはとんこつ塩ラーメンじゃないかとと思わせるような優しさは最後には病みつきになるヤバさがあるのを今回も確認できてしまった。

いやいやある意味恐ろしい南京ラーメン 黒門ラーメン大だった。

すき焼きハンバーグ御膳(ほっともっと)

f:id:unkosuzou:20201216155121p:plain

ほっともっとのすき焼きハンバーグ御膳790円

f:id:unkosuzou:20201216155233p:plain
f:id:unkosuzou:20201216155239p:plain
f:id:unkosuzou:20201216155252p:plain

これに100円の豚汁をつけてしまった(笑)

f:id:unkosuzou:20201216155245p:plain
f:id:unkosuzou:20201216155249p:plain
f:id:unkosuzou:20201216155242p:plain

それにしてもすき焼きとハンバーグのドッキングなんて大胆な事を考えたもんだ。

f:id:unkosuzou:20201216155300p:plain
f:id:unkosuzou:20201216155301p:plain
f:id:unkosuzou:20201216155306p:plain

これにエビフライとうどんなどが追加されているので満足度は高いが実物を見るまではハンバーグがすき焼きの汁に煮込んであるのかと思っていた。

f:id:unkosuzou:20201216155701p:plain

実際にはそうではなく味付けされたハンバーグの上にすき焼き肉がのっていてそのヨコに煮込まれたうどんがあるという構成だ。

f:id:unkosuzou:20201216155308p:plain
f:id:unkosuzou:20201216155312p:plain

しかもこのハンバーグがけっこうなボリュームあって食べごたえもなかなかのもんだ。

f:id:unkosuzou:20201216155316p:plain
f:id:unkosuzou:20201216155319p:plain

少し濃い目の味付けながら日の丸弁当のようなご飯との相性はバツグンでグイグイ食べてしまった。

f:id:unkosuzou:20201216155323p:plain

790円とほっともっととしてはかなり強気の値段ではあるがそれに見合った内容だったと納得できたすき焼きハンバーグ御膳だった。

サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば 焼き牡蠣風味(サンヨー食品)

f:id:unkosuzou:20201216103244p:plain

サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば 焼き牡蠣風味

販売価格は193円(税別)。

オタフク焼そばブランドから広島名物「焼き牡蠣」風味のカップ焼そばを発売します。

f:id:unkosuzou:20201216103340p:plain
f:id:unkosuzou:20201216103343p:plain
f:id:unkosuzou:20201216103347p:plain

オタフクソースと共同開発した濃厚ソースに、オイスターエキスと醤油の風味を合わせ、焼き牡蠣をイメージした味わいに仕上げました。

広島の情報番組「みみよりライブ5UP!」とコラボしています。

f:id:unkosuzou:20201216103348p:plain
f:id:unkosuzou:20201216103350p:plain

大好評につき「オタフクお好みソース味焼そば」の焼き牡蠣風味が再登場します。

f:id:unkosuzou:20201216103506p:plain

フルーティでまろやかなオリジナルソースに、オイスターエキスのコクと香ばしい醤油の風味を合わせ焼きガキをイメージした味にしました。

f:id:unkosuzou:20201216103352p:plain
f:id:unkosuzou:20201216103355p:plain

牡蠣エキスに瀬戸内産牡蠣エキスを100%使用しています。
ほぐれやすくソースの絡みがよい、ナチュラルストレート麺に仕上げました。

f:id:unkosuzou:20201216103359p:plain
f:id:unkosuzou:20201216103402p:plain

広島では当たり前のように焼きそばにオタフクソースが使われる。

呉出身の自分にはこれがどうしても馴染めず今でもウスターソースの焼きそばのほうが好きだ。

だけどこのサッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば 焼き牡蠣風味はオタフクソースの甘すぎる部分を抑制してあってどちらかと言えばウスターソース風味に近くなっているので個人的には嬉しい。

今や全国的になってしまったオタフクソースなのでこういう変化球は喜ばれるのかもしれない。

九州ラーメン八起(中区)ラーメン

f:id:unkosuzou:20201215171534p:plain

九州ラーメン八起

f:id:unkosuzou:20201215171624p:plain
f:id:unkosuzou:20201215171630p:plain

たくさんの飲食店がある中電前の大手町エリア。

ちょっと久しぶりにここにやってきた。

f:id:unkosuzou:20201215171628p:plain
f:id:unkosuzou:20201215171626p:plain

狙いはズバリ、シンプルなラーメンでしかもここは広島では珍しい広島ラーメンではなく本格的な九州系のトンコツラーメンた食えるお店だ。

f:id:unkosuzou:20201215171910p:plain

九州ラーメン八起のラーメン700円。

この獣臭漂う濃厚スープこそがここの真髄なんよね〜。

f:id:unkosuzou:20201215173320p:plain

博多ラーメンみたいな極細麺ではなくやや太いストレート麺。

ややコシが有るように茹でてあって非常に好ましい。

f:id:unkosuzou:20201215171633p:plain
f:id:unkosuzou:20201215171640p:plain

チャーシューはパサパサタイプなのだがこのラーメンにはこういうのがあっていると思う。

f:id:unkosuzou:20201215171635p:plain
f:id:unkosuzou:20201215171639p:plain

キクラゲも九州ラーメンの定番トッピングなのだがトンコツスープにはやっぱり相性が良いようだ。

f:id:unkosuzou:20201215174049p:plain

ここでテーブルに置いてある辛子高菜を入れてみることにした。

辛さは優しいのでそれほど尖った辛さにはならないので安心だがやっぱり味変は起こる。

f:id:unkosuzou:20201215171643p:plain
f:id:unkosuzou:20201215171646p:plain

個人的にはもう少し辛くても良いんじゃないかと思うがまあガンガン入れるのも気がひけるのでやめておいた。

f:id:unkosuzou:20201215171649p:plain

ガツンと男っぽい九州ラーメンのお店ではあるが実際に厨房におられるのは女性二人なので非常に柔らかい接客に癒やされてしまう。

この日もなんだかすっかり寛いでしまったがニンニクをお願いすればよかったか?とちょっと後悔してしまった。

それにしてもやっぱりここのラーメンは強い引きがあると感じてしまった九州ラーメン八起だった。

TENET テネット

f:id:unkosuzou:20201215152821j:plain

ダークナイト』シリーズや『インセプション』などのクリストファー・ノーラン監督が描くサスペンスアクション。

「TENET」というキーワードを与えられた主人公が、人類の常識である時間のルールから脱出し、第3次世界大戦を止めるべく奮闘する。

f:id:unkosuzou:20201215153016j:plain

主人公を演じるのは『ブラック・クランズマン』などのジョン・デヴィッド・ワシントン。相棒を『トワイライト』シリーズなどのロバート・パティンソンが務め、マイケル・ケインケネス・ブラナーなどが共演する。

f:id:unkosuzou:20201215152841j:plain
ウクライナでテロ事件が勃発。出動した特殊部隊員の男(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、捕らえられて毒を飲まされる。

しかし、毒はなぜか鎮静剤にすり替えられていた。

f:id:unkosuzou:20201215153029p:plain

その後、未来から「時間の逆行」と呼ばれる装置でやって来た敵と戦うミッションと、未来を変えるという謎のキーワード「TENET(テネット)」を与えられた彼は、第3次世界大戦開戦の阻止に立ち上がる。

f:id:unkosuzou:20201215152906j:plain

例の鬼滅の刃が公開されるまで2020年のナンバーワンヒット映画だったテネット。

インセプションインターステラークリストファー・ノーラン監督と言うことで期待して観た。

f:id:unkosuzou:20201215152923j:plain

相変わらず時間を逆にする銃とかタイムトラベルを話しに絡める手法で心してかからないとわけがわからなくなる。

真剣に見入っていても半分くらいしか理解できない難解な内容に頭がクラクラしてきた。

f:id:unkosuzou:20201215152938j:plain

過去と未来と現在があって時間の概念が根本的に崩れてきてどんどんついていけなくなる。

逆回転の世界が出てくるがもう意味不明でさすがはクリストファー・ノーラン監督だと苦笑いしてしまった。

f:id:unkosuzou:20201215152950j:plain

ラストの戦争シーンなどは今時間と逆行が入り乱れてもう何がなんだかさっぱりわからんようになった。

初見でこんな映画、スッと理解できるヒトなんておるんだろうか?

f:id:unkosuzou:20201215153000j:plain

ラストも食い入るように見たがやっぱりわからない。

わからないなりにも最後まで見てしまうのはどういう理由なのかわからないがこれは何度か見ないといかん映画のようだ。