らをた広島

食べ歩きブログ

ハイキュー展・仙台に行ってきた。

f:id:unkosuzou:20201001084924p:plain
シルバーウィークを利用して広島空港から飛行機で仙台へ。

基本的に飛行機は苦手で出発前はいつも憂鬱になるが地上を走れば1200kmもあるのにナント1時間ちょっとで連れて行ってくれるなら我慢するしかない。

飛行中はちょっと揺れて生きた心地がしなかったがどうにか仙台に到着。

f:id:unkosuzou:20201001084941p:plain
仙台空港で大学生の娘と待ち合わせてハイキュー展に行ってきた。

比較の対象は同じコロナ渦でつい先日訪れた進撃の巨人展だ。

f:id:unkosuzou:20201001084958p:plain
場所は東北福祉大学仙台東口キャンパス

原画の撮影全面禁止はそれぞれの作家さんの意向があるだろうからこれは理解はできる。

だけど進撃の巨人展と比べると、自分ではないが原画を見直すのに少し後戻りしたり、ちょっと携帯電話弄るだけで常に監視しているスタッフがアレコレ注意するのはちょっとやりすぎ感があった。

録画禁止はわかるが録音禁止と念を押していたわりに展示に動画の類はまったくなかったのでどうかんがえても昔の学校のような意味不明な規制を押し付けているように思える。

特にバイトにアルコールを噴霧されるのはバイキン扱いされたようで不快だったがまあ世の中的に仕方ないのかもしれない。

f:id:unkosuzou:20201001085013p:plain
作画が非常に数多く展示されていて作者の気持ちも伝わってきたが、あれこれ客に文句ばかり煩い割に照明が暗くて見えにくかったり展示位置にもう少し工夫があったほうが良いと思えたりもう少しここの運営者は保身やコロナ脳卒業してイベントを良くする方向にアタマを使えと言いたくなった。

入場時や場所移動時にソーシャルディスタンスがどうとか小煩く言ってくる割にグッズ販売の支払い時の長い行列作ってしまってるのを放っておくとか、なんだかんだ言っても結局金儲け第一になってしまうのかとやってることのチグハグさには笑えてしまった(笑)

f:id:unkosuzou:20201001085029p:plain

わざわざ広島から訪ねていったハイキュー展だが展示内容は良かったが運営者の必死のコロナ責任回避が透けてしまい大人のズルさみたいなものが正直煩わしかった。

進撃の巨人展とハイキュー展しかこの手のイベントの経験がないのでどちらが一般的なのかわからないが何でもかんでも頭ごなしに取り締まるのではなく、ある程度客に任せた雰囲気があった進撃の巨人展の緩さが自分にとっては心地良かった。

大衆酒場 やぶき(中区)中華蕎麦チャーシュー大盛り

f:id:unkosuzou:20200902151714p:plain

大衆酒場 やぶき

基本的に夜営業の居酒屋さんがランチタイムにラーメンを始められたと聞いてやってきた。

f:id:unkosuzou:20200902151809p:plain
f:id:unkosuzou:20200902151811p:plain

当然ながらこんな場所には駐車場はないので近隣の広島市営基町駐車場にクルマをいれて歩いてきた。

f:id:unkosuzou:20200902151815p:plain
f:id:unkosuzou:20200902151817p:plain

お店の前に券売機が立っていてここで食券を購入してから入店するシステムのようだ。

それにしてもこの蛇口焼酎1時間600円は酒飲みにはインパクトありすぎるがさすがに自重した(笑)

f:id:unkosuzou:20200902162103p:plain

ほとんど待たないで驚きの早さで出てきたよ!大衆酒場 やぶきの中華蕎麦チャーシュー大盛り980円。

f:id:unkosuzou:20200902162155p:plain

どデカイチャーシューに目を奪われてしまうが麺はストレートで自己主張しないタイプ。

f:id:unkosuzou:20200902151820p:plain
f:id:unkosuzou:20200902151822p:plain

鶏がメインと思われる魚介スープは甘く優しいが無化調なのか主張が弱くフォーカスが緩くボヤーッとした味わいだ。

f:id:unkosuzou:20200902162436p:plain

低温調理されたチャーシューはデカイだけではなくゴツいのに驚くほど柔らかい。

f:id:unkosuzou:20200902151827p:plain
f:id:unkosuzou:20200902151824p:plain

スープに浸して食べるように言われたのでやってみたらみるみる色が変わって煮えてくるが決して固くなったりはしないのが凄い。

f:id:unkosuzou:20200902151827p:plain
f:id:unkosuzou:20200902151829p:plain

チャーシューのインパクトに対して麺とスープは完全に圧倒されてしまって主役をチャーシューに全部奪われているような印象を受ける。

f:id:unkosuzou:20200902151832p:plain
f:id:unkosuzou:20200902151834p:plain

どうしてもチャーシューを食べて合間に麺を食べるというようなサイクルになって麺料理というより肉料理を食べているかのようだ。

f:id:unkosuzou:20200902151836p:plain
f:id:unkosuzou:20200902151839p:plain

それとこの日は非常に暑い日だったが意図的なのか最初から空調が激弱でもうこのあたりになると汗が吹き出して意識も朦朧となってしまった。

f:id:unkosuzou:20200902151841p:plain

チャーシューのデキはかなりのもんだと思うが正直これに肝心のラーメン自体がついていけていないジレンマのようなものを終始感じてしまった大衆酒場 やぶきの中華蕎麦チャーシュー大盛りだった。

東洋美人 限定純米大吟醸(澄川酒造場)

f:id:unkosuzou:20200821163733p:plain

東洋美人 限定純米大吟醸

1.8L 2,970円!!!!!

f:id:unkosuzou:20200821164015p:plain
f:id:unkosuzou:20200821164018p:plain

ネット上にほとんど情報のない東洋美人の限定純米大吟醸

山口のhiroさんから頂いてしまった。

幾らするのか調べてみたら周南市の中嶋酒店のフェイスブックに僅かながら情報があって一升瓶で3000円を切るとかあり得ない値段であることががわかった。

f:id:unkosuzou:20200821164233p:plain

さっそく冷やして呑んでみたが信じがたい旨さで冗談抜きにこれが1万円の酒だと言われても納得するレベル。

どうしたらこんな値段にできるのか知るよしもないがそれにしても値段抜きでも今まで呑んだ日本酒で最上位にランクインしてしまうほどだ。

やや甘口ながら後口のキレにかんしては惚れ惚れしてしまうほどでホントに旨い水のようにスイスイ飲めてしまう怖さすらある。

こんな凄い酒を送っていただいてhiroさん本当にありがとうございました。

この酒の後情報あったらよろしくお願いします!(笑)

空母いぶき

 

f:id:unkosuzou:20200828094509j:plain

沈黙の艦隊」「ジパング」などのかわぐちかいじのコミックを原作にしたミリタリーサスペンス。

波留間群島の一部占領を受け、現場に向かう航空機搭載護衛艦の乗組員の運命を多角的に映し出す。

f:id:unkosuzou:20200828094644j:plain

監督は『沈まぬ太陽』などの若松節朗

『MOZU』シリーズなどの西島秀俊、『超高速!参勤交代』シリーズなどの佐々木蔵之介らが出演。

日本の置かれている状況を反映したドラマに引き込まれる。

f:id:unkosuzou:20200828094523j:plain

20XX年。

日本最南端沖で国籍不明の漁船20隻が発砲を開始し、波留間群島の一部を占領して海上保安庁の隊員を捕らえる。

日本政府は、航空機搭載護衛艦いぶきをメインにした艦隊を派遣。

f:id:unkosuzou:20200828094658j:plain

お互いをライバルとして意識してきた航空自衛隊出身のいぶきの艦長・秋津竜太(西島秀俊)と海上自衛隊出身の副長・新波歳也(佐々木蔵之介)は、この未曽有の事態を収束しようとする。

f:id:unkosuzou:20200828094535j:plain

 原作では中国と日本の自衛隊の局地戦が描かれるのだがそれが映画化されると多くの人から期待された作品。

それが実写版では中国から東亜連邦なる東シナ海の架空の右翼島国に変更されてしまった時点でもはや別の映画だ。

f:id:unkosuzou:20200828094549j:plain

専守防衛なる足かせをされた日本で中国の侵略にどう対抗するかという生々しくも最重要テーマはすっ飛でしまったのでその辺は割り切る必要がある。

そうなると本来の思想から映画界が得意のお花畑左翼作品に成り下がってるんじゃないかと心配した。

f:id:unkosuzou:20200828094604j:plain

戦闘シーンも先日観た同じ洋上戦闘シーンの多いグレイハウンドの足元にも及ばないショボいものでこの方面でもがっかり感が強い。

後半にやっと戦闘機が登場するが艦隊戦よりはマシだがCGがマンガっぽくてクオリティがイマイチだ。

f:id:unkosuzou:20200828094617j:plain

東亜連邦との戦闘に最終的には中国が味方加わって世界はひとつ、みんな友だちとかもうこうなったらやっぱり左旋回してしまったかの印象が強い。

時折都内の中井貴一店長のコンビニのシーンが入るのだがこれが何の必要があるのか最後まで理解できなかった。

f:id:unkosuzou:20200828094626j:plain

ラストは中国を含む国連軍に助けて貰うという摩訶不思議な事態に至っては相方口が塞がらん、ええかげんにせー!と嘉門達夫の懐かしい歌が脳裏をよぎった。

自衛官の全面協力があったそうだが完成した映画を観た自衛官も頭ぶん殴られて椅子から転げ落ちる思いがしたであろう、空母いぶきだった。

 

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味(明星食品)

f:id:unkosuzou:20200828071823p:plain

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 たらこ味(明星食品)

希望小売価格230円 (税別)

内容量168g (130g)

発売地域全国

発売日2020年7月

f:id:unkosuzou:20200828071856p:plain
f:id:unkosuzou:20200828071858p:plain
f:id:unkosuzou:20200828071900p:plain

見た目も味わいもつぶつぶ食感も“ほぼたらこ“のたらこ風かまぼこを使用した塩だれベースの焼そばです。

たらこ風味顆粒を使用したふりかけとたらこマヨでたらこの旨みを存分に楽しめます。

f:id:unkosuzou:20200828071902p:plain
f:id:unkosuzou:20200828071905p:plain
f:id:unkosuzou:20200828071906p:plain

今回の新商品は、子供から大人まで幅広く愛される定番メニューのたらこ味です。 見た目も味もつぶつぶ食感も、まるで本物のような "ほぼたらこ" の新具材、「たらこ風かまぼこ」を開発しました。
この "ほぼたらこ" の「たらこ風かまぼこ」 に、焦がしバターの香りとたらこの旨みが効いたコクのある塩だれソースを合わせ、一平ちゃんならではの特製マヨ (たらこマヨ) 、味付たらこ風味顆粒のふりかけで仕上げる、たらこを存分に楽しめる一皿です

f:id:unkosuzou:20200828071909p:plain
f:id:unkosuzou:20200828071911p:plain

1. めんしなやかで食べやすい中太麺です。

2. ソースポークの旨みをベースに、魚醤と魚介エキスでコクを出し、たらこと焦がしバターの風味が特徴のオイルを合わせたコク旨な塩だれソースです。

f:id:unkosuzou:20200828072210p:plain

3. 特製マヨ卵黄のコクとたらこの旨みが特長の一平ちゃん特製のたらこマヨです。

4. かやく見た目も食感も、まるで本物のたらこのような驚き具材「たらこ風かまぼこ」とキャベツです。
※「たらこ風かまぼこ」には、たらこが魚肉練り製品中45%使用されています。

5. ふりかけ味付たらこ風味顆粒ときざみのりを組み合わせました。

f:id:unkosuzou:20200828071915p:plain
f:id:unkosuzou:20200828071916p:plain

このカップ麺の目玉である「たらこ風かまぼこ」だがこれはいくらなんでもアレだがまあこういうチャレンジは面白い。

個人的には全体にやや塩辛い印象があるが確かにタラコ推しであることは理解できる。

特性マヨのパンチが弱く存在感が希薄なのも気になる。

だけど量はじゅうぶんだしこういう変化球も面白いと思った。

中華そば ヤマグチYAMAGUCHI(佐伯区)つけ麺

f:id:unkosuzou:20200825144231p:plain

中華そば ヤマグチYAMAGUCHI

前回は中華そばを食べたが今回はもうひとつのメニューたるつけ麺狙いでやってきた。

f:id:unkosuzou:20200825144348p:plain
f:id:unkosuzou:20200825144350p:plain

どんなつけ麺なのかはわからないのだがトッピングから推察するに広島激辛つけ麺じゃなかろうか。

f:id:unkosuzou:20200825144353p:plain
f:id:unkosuzou:20200825144356p:plain

果たしてやっぱりそうだったよ!中華そば ヤマグチYAMAGUCHIのつけ麺(並盛り800円、野菜大盛り200円)1000円。

f:id:unkosuzou:20200825144358p:plain
f:id:unkosuzou:20200825144401p:plain

さすがは野菜大盛りだけあって二郎系のように野菜タワーがそびえ立つ光景はちょっとうれしい(笑)

f:id:unkosuzou:20200825155028p:plain

f:id:unkosuzou:20200825155030p:plain

注文時に辛さを聞かれたので「やや辛め」とお願いしたが後から調整可能だそうでこの時点でもう少しパンチのある辛さに変更してもらった。

f:id:unkosuzou:20200825160339p:plain

これが個人的にピンズドで冷たく〆たストレート麺が非常によくあっていてガチで旨い。

f:id:unkosuzou:20200825144408p:plain
f:id:unkosuzou:20200825144405p:plain

下手な専門店よりイケるんじゃないかと思わせるそのデキに正直舌を巻いたのだった。

f:id:unkosuzou:20200825144403p:plain
f:id:unkosuzou:20200825144410p:plain

何より良かったのはおそらくはラーメンと共通のチャーシューでよくある広島激辛つけ麺にある恐怖のパッサパサ仕様ではなくしっとりコッテリしたそれは絶対にこの辛いつけダレに合うし、それでなくても一般的に値段が高いことに説得力を持たせてくれる。

f:id:unkosuzou:20200825144413p:plain
f:id:unkosuzou:20200825144416p:plain

今回は野菜盛りにしたがそれでもつけダレはじゅうぶん以上に用意されていて後半になってからでも辛さを追加できるそうでこれもマジで嬉しい。

f:id:unkosuzou:20200825144418p:plain

最後の写真を撮るのを忘れたが麺やトッピングは勿論、つけダレも全部余裕で完食させていただいた。

チャーシューの貧弱さや辛味成分の追加で後半まで辛さが持続しないという広島激辛つけ麺の欠点をある意味マルっと補ってしまっている中華そば ヤマグチYAMAGUCHIのつけ麺、これにはさすがに一本取られたようだ。

ジョン・ウィック:パラベラム

f:id:unkosuzou:20200824161614j:plain

キアヌ・リーヴス演じる殺し屋ジョン・ウィックの復讐(ふくしゅう)劇を描くアクションシリーズの第3弾。

追われる身となったジョンが、迫りくる暗殺集団との戦いに挑む。

f:id:unkosuzou:20200824161816j:plain

前2作のメガホンを取ったチャド・スタエルスキが続投。

イアン・マクシェーンローレンス・フィッシュバーンらおなじみのキャストに加え、ジョンと因縁がある謎の女役で『チョコレート』などのハル・ベリーが参加している。

f:id:unkosuzou:20200824161631j:plain

裏社会の聖域コンチネンタルホテルでの不殺のおきてを破ってしまった殺し屋のジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)は、裏社会を束ねる組織の粛清の対象になる。

f:id:unkosuzou:20200824161834j:plain

1,400万ドルの賞金を懸けられ、刺客たちと壮絶な死闘を繰り広げて満身創痍のジョンは、以前“血の誓印”を交わしたソフィア(ハル・ベリー)の協力を得ようとモロッコへ向かう。

f:id:unkosuzou:20200824161653j:plain

ジョン・ウィックシリーズの最新版。

監督がこれまでと同じようなので内容も期待できる。

f:id:unkosuzou:20200824161706j:plain

ダークでスタイリッシュな映像は今作品でも健在だ。

アクションの量も大幅に増えるに伴ってその質もグロくリアルに向上しているようだ。

f:id:unkosuzou:20200824161720p:plain

物語は2作目直後の続きから始まるがストーリーは相変わらずシンプルと言うより単純だ。

劇中に日本人が握る寿司屋が出てくるが日本食の認識に苦笑いが出るような演出だったがそれでも以前よりはかなりマシになっている。

f:id:unkosuzou:20200824161737j:plain

ここまで来たらストーリーは格闘シーンの「ツナギ」みたいなもんでひたすら銃撃戦を楽しむ映画と割り切る方がわかりやすい。

しかし今回はシェパードも含めた大掛かりなアクションがあるがこんなの怪我しないでやろうと思ったら武器をCGにするしかないんじゃなかろうか。

f:id:unkosuzou:20200824161750j:plain

今回はいつものカーアクションがないんかと落胆していたら鈴鹿8耐のスターターまでやるくらいのバイクマニアでもあるキアヌ・リーブスのノーヘルでのバイクアクションは(何故か全車ヤマハMT-09)凄まじかった。

f:id:unkosuzou:20200824161800p:plain

ラストは大銃撃戦はもはや戦争映画でどんどん武器がエスカレートして笑える。

このシリーズ、遂に元マトリックスコンビが組んでまだまだ続きそうだ(笑)