らをた広島

食べ歩きブログ

麺屋元就(中区)元就流東京醤油つけ麺壱

f:id:unkosuzou:20190614160046p:plain

麺屋元就

公式サイトにて限定メニューの告知があったのでそれ目当てでやってきた。

f:id:unkosuzou:20190614160246p:plain

元就流東京醤油つけ麺壱(並)830円。

f:id:unkosuzou:20190614160338p:plain
f:id:unkosuzou:20190614160343p:plain

「東京の様々なつけ麺を麺屋元就流に表現した一品。

f:id:unkosuzou:20190614160355p:plain
f:id:unkosuzou:20190614160349p:plain

本醸造の濃い口醤油とお酢と砂糖を加えた甘酸っぱい味付けのスープに冷水で締めたストレート太麺をつけながら食べるつけ麺」

f:id:unkosuzou:20190614160654p:plain

麺は麺だけでトッピングは温かいつけダレに全部入っているのだが個人的にはつけ麺はこのスタイルが一番好きだ。

太麺といっても昨今の極太麺からすればそれほど太くはないがスープがとりわけ濃い味じゃないのでこれでバランスが取れているように感じる。

f:id:unkosuzou:20190614160842p:plain
f:id:unkosuzou:20190614160847p:plain

実際東京醤油つけ麺っていうのでこれのどこが東京なのかよくわからんが一昔前の濃厚豚骨魚介スープよりもライトでしかも酸っぱさと甘さを感じさせてくれるのは確かに新しい感じはする。

f:id:unkosuzou:20190614162812p:plain

しかしこのスープをギュッと締めてくれるのはこのけっこう多めに入っている柚子で甘ったるい方向性に流れていかないようにきっちり仕事しているのは見事だ。

f:id:unkosuzou:20190614162754p:plain
f:id:unkosuzou:20190614162802p:plain

メンマと多めに入れられたネギも柚子のアシストによって存在感を増しておりおそらくは後半食べ飽きないような工夫だと思われる。

f:id:unkosuzou:20190614163018p:plain
f:id:unkosuzou:20190614162812p:plain

通常この手のつけ麺は麺も具もなくなって最後にはつけダレだけになってしまうのでスープ割りをするしかなくなってしまう。

f:id:unkosuzou:20190614163026p:plain
f:id:unkosuzou:20190614163030p:plain

だがこの元就流東京醤油つけ麺壱はホロホロのチャーシューが前半でバラバラになってしまいつけダレに沈殿するのでこれをすくって食べるとネギも一緒に入ってきて徐々につけダレ全体がなくなっていく。

f:id:unkosuzou:20190614163035p:plain
f:id:unkosuzou:20190614163038p:plain

結果スープ割りをする必要もなく完食してしまった。

並盛りでもお腹いっぱいになって連食を画策していたのだが断念せざるを得なかった。

さすがは麺屋元就だけあって今回の限定メニューも相当にハイレベルだ。

こうなると酢と砂糖に変わって海老の香味油魚介スープの元就流東京醤油つけ麺弐の存在が非常に気にかかってしまう今日のこの頃なのであった(笑)

一風堂 ekie広島店(南区)麺・イン・ブラック

f:id:unkosuzou:20190611165932p:plain

一風堂 ekie広島店

最近新しくオープンした一風堂に初めてやってきた。

駅の中という立地だけに外国人観光客相手をかなり意識している店舗になっている。

f:id:unkosuzou:20190611170110p:plain
f:id:unkosuzou:20190611170114p:plain

今日は公式サイトに出ていた映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』とコラボ「麺・イン・ブラック」狙いでやってきた。

f:id:unkosuzou:20190611170345p:plain

しばらく待ってからキタヨ一風堂 ekie広島店の麺・イン・ブラック890円。

勝手にブラックラーメンみたいなのかと想像していたがどちらかというと熊本ラーメンのようなマー油が浮かんでいる。

f:id:unkosuzou:20190611170509p:plain

麺は通常のと同じと思われる細ストレート麺。

ザクザクした歯ごたえはいつもの一風堂でどことなく安心感がある。

f:id:unkosuzou:20190611170637p:plain
f:id:unkosuzou:20190611170641p:plain

ベースは白のとんこつスープのようだがこれが胡椒の刺激がピリッとくるようになっているようだ。

黒いマー油は見た目ほどガツンとはこないがニンニクの香ばしい香りはとんこつによくあっている。

f:id:unkosuzou:20190611170807p:plain

問題はこの赤味噌のようでたったこれだけだから気持ち辛くなるだけだろうと思っていたが黒胡椒と連動して後半はけっこう辛さを感じさせてくれて食べ飽きない。

f:id:unkosuzou:20190611170938p:plain
f:id:unkosuzou:20190611170908p:plain

チャーシューは他のラーメンの流用と思われるが九州系によくあるパサパサした食感でこれも悪くない。

f:id:unkosuzou:20190611170926p:plain
f:id:unkosuzou:20190611170913p:plain

要はスパイシーな焦がしニンニクマー油ラーメンでそのピリ辛具合がかなり攻めていて個人的には好みだ。

f:id:unkosuzou:20190611170935p:plain
f:id:unkosuzou:20190611170942p:plain

もやしも入っていて全体のバランスを考えたら期間限定にしておくのはもったいないくらいだ。

安易に濃い醤油のブラックラーメンよりもこっちのほうが一風堂らしさがあってわかりやすかろう。

映画の方は全く観ていないのでこれがどうコラボするのかわかるよしもないがこの内容にしては少し高いなと感じる以外は感心してしまった一風堂 ekie広島店の麺・イン・ブラックだった。

ビブリア古書堂の事件手帖

f:id:unkosuzou:20190613061748j:image

古書にまつわる謎を解き明かす若くて美しい古書店主が主人公の人気小説を、『幼な子われらに生まれ』などの三島有紀子監督で映画化したミステリー。

古書店主のヒロインと彼女の推理力に心酔する青年が、希少本を狙う謎の人物の正体に迫るさまを描く。

古書の知識が豊富で推理力に長けたヒロインを『小さいおうち』などの黒木華、ヒロインを手伝う青年を『サクラダリセット』シリーズなどの野村周平が演じる。

f:id:unkosuzou:20190613061802j:image

北鎌倉にある古書店「ビブリア古書堂」。

夏目漱石の直筆と推察される署名入りの「それから」を持ち込んだ五浦大輔(野村周平)は、持ち主である亡き祖母の秘密を解き明かした店主・篠川栞子(黒木華)の推理力に驚く。

f:id:unkosuzou:20190613061821j:image

その後栞子を手伝うことになった大輔は、彼女が所有する太宰治の「晩年」の希少本が、「人間失格」の主人公と同じ「大庭葉蔵」を名乗る人物に狙われていることを知る。

f:id:unkosuzou:20190613061828j:image

剛力彩芽主演で大ゴケしたドラマの映画版。

実際ドラマはリアリティがなさすぎてつまらなかったが主演を黒木華にすげかえた映画版がどんなのか気になった。

f:id:unkosuzou:20190613061850j:image

なんだか無理くりな探偵モノになっていたドラマ版に比べて原作に忠実なのか全体の統一感があって物語に入りやすい。

ハッキリ言ってチンケなドラマと映画は全くの別物だが映画版もじゅうぶんにチンケだ(笑)

自分もそんなに文学はわからんのでこの物語の深い考察はできないが、それをベースにしているストーリーはなんとか理解できる。

f:id:unkosuzou:20190613061901j:image

だけど全体としてのデキは途中から先が読めてしまい結果としては凡庸そのもので映画としては退屈でこれだと2時間ドラマでもキツかろう。

あくびがでるようなラストに思わず「黒木華の持ち腐れ」と言う言葉を思い出してしまったのだった(笑)

累 -かさね-

f:id:unkosuzou:20190612061233j:image

トリガール!』などの土屋太鳳と『心が叫びたがってるんだ。』などの芳根京子が主演を果たし、松浦だるまの人気漫画を実写映画化。

キスした相手と顔が入れ替わってしまう口紅と出会った女性たちの喜怒哀楽を鮮やかに描く。

ストロベリーナイト』シリーズなどの佐藤祐市が監督を務め、『GANTZ:O』などの黒岩勉が脚本を担当している。

f:id:unkosuzou:20190612061246j:image

伝説の女優の娘・淵累は卓越した演技力を持ちながら、自分の醜い外見にコンプレックスを抱いて生きてきた。

彼女の母親は、キスした相手と顔を取り替えることが可能な謎めいた口紅を娘にのこす。

一方、舞台女優の丹沢ニナは、容姿に恵まれながら芽が出ずにいた。

やがて二人は出会い反発し合いながらも、互いの短所を補うために口紅の力を使うことにする。

f:id:unkosuzou:20190612061305j:image

NHK朝ドラ女優、土屋太鳳と芳根京子主演だから興味本位で観た。

マンガが原作らしいがストーリー上何度も土屋太鳳と芳根京子が何度もキスをしてくれるというなんとも目の保養になる映画。

f:id:unkosuzou:20190612061318j:image

それにいつも健気で頑張ってる役が多い土屋太鳳がドSキャラ、良い人のイメージの芳根京子が悪役やってるのはなかなか新境地を切り開いた圧巻の演技だったんじゃないか。

結論から言えば映画としてなかなか面白く、ラストまで飽きずに一気に観れた。

二人の女性の中身が一定の時間で入れ替わると言う比較的よくあるストーリーながら巧みな伏線とその回収で凝った作りになっている。

f:id:unkosuzou:20190612061330j:image

主演女優の可愛さに釣られて内容はあまり期待せずに観たが、さながら朝ドラ女優の演技合戦でお互い一歩も譲らない女の闘いは非常に見応えある。

途中までの流れからしてラストがやや弱い気もしないでもないがなかなかの力作だった。

横浜家系ラーメン 鶴乃家(南区)豚骨醤油味玉ラーメン

f:id:unkosuzou:20190614100217p:plain

横浜家系ラーメン 鶴乃家

最近新しくオープンしたお店らしい。

f:id:unkosuzou:20190614100452p:plain
f:id:unkosuzou:20190614100457p:plain

大通りに面していて広い駐車場を持っているのはもしかしたらどこかの企業がやっているお店のような雰囲気がある。

f:id:unkosuzou:20190614100624p:plain
f:id:unkosuzou:20190614100629p:plain

店内に入ると待ってくれているのは自動券売機。

醤油と塩が選べるようだが横浜家系ラーメンと名乗っているからには醤油を選択。

f:id:unkosuzou:20190614100616p:plain
f:id:unkosuzou:20190614100612p:plain

広島に於いては横浜家系ラーメンのジャンルでは「コレ!」と思わせる店がなくこの系統のラーメン屋が出現しては消えを繰り返している印象がある。

f:id:unkosuzou:20190614100913p:plain

横浜家系ラーメン 鶴乃家の豚骨醤油味玉ラーメン(並)中太麺すべて普通780円。

シンプルながら横浜家系ラーメンらしいルックスだ。

f:id:unkosuzou:20190614101044p:plain

細麺も選択せきるようなのだが横浜家系であればこれを細麺にするってのはありえない。

コシがしっかりあってなかなかの麺だってことは立ちどころにわかる。

f:id:unkosuzou:20190614101218p:plain
f:id:unkosuzou:20190614101223p:plain

ほうれん草に海苔とお約束のトッピングだがこれはこれで好きなのよ(笑)

f:id:unkosuzou:20190614101317p:plain
f:id:unkosuzou:20190614101322p:plain

横浜家系ラーメンってこうなのか知らないがここのラーメンの麺がかなり短い。

食べやすいと言えばそうだがどことなく違和感もなくはない。

f:id:unkosuzou:20190614101714p:plain

ゴッツイ麺に対してスープのパンチが弱いうように思ったので卓上のニンニクとタマネギをどかっといれてみた。

これは相性バツグンのようでこんなんなら最初から入れておいて欲しいと思ったくらいだ。

f:id:unkosuzou:20190614102109p:plain
f:id:unkosuzou:20190614101832p:plain

チャーシューはまあよくあるタイプでこれといって特徴はない。

煮玉子もまあそれなりで100円ならそんなもんかと納得をする。

f:id:unkosuzou:20190614101837p:plain
f:id:unkosuzou:20190614101835p:plain

ニンニクとタマネギ追加の効果は非常に大きく後にもっと放り込んでしまった。

だけどこうしないとワイルド感がまったくなくバランスが悪い。

f:id:unkosuzou:20190614102115p:plain

細麺とか塩とんこつとか横浜家系にそんなのあるのか知らないがもっと横浜家系ラーメンの旨いの食わせてやる!という気概みたいなもんが感じられなかったのはちょっと残念だ。

やはり本物を知りたかったら本場横浜に実際に行かないといかんのかもしれんの〜。

のぉくれ(柳井市)味噌ラーメン

f:id:unkosuzou:20190612101143p:plain

のぉくれ

今日はおふくろとここにやってきた。

f:id:unkosuzou:20190612101234p:plain
f:id:unkosuzou:20190612101238p:plain

狙いはズバリこの期間・数量平日限定の味噌ラーメン(八丁味噌ベースで自家ブレンド)。

自動券売機では「限定ラーメン」のチケットを購入する。

f:id:unkosuzou:20190612101422p:plain

「太麺使用のため多少時間かかります」と書いてある通りにいつもより待たされてキタヨ!!のぉくれの味噌ラーメン750円。

f:id:unkosuzou:20190612101547p:plain

通常、味噌ラーメンの場合は黄色味かかった麺が多いがこれはどっちかというとつけ麺用か?

黄色くはないが味噌のパンチに負けていない。

f:id:unkosuzou:20190612101650p:plain
f:id:unkosuzou:20190612101652p:plain

マー油が香ばしさをグンとアップさせているのはわかっているのだがこの大量の長ネギが非常に良い仕事をこなしておりややもすると味噌に塗りつぶされがちな味噌ラーメンを常にさっぱりさせてくれているようだ。

f:id:unkosuzou:20190612101826p:plain
f:id:unkosuzou:20190612101830p:plain

チャーシューに煮玉子のトッピングもいつものレベルで安心させてくれる。

f:id:unkosuzou:20190612102106p:plain

しかしこの味噌スープはわずかに甘みを感じるが塩分控えめなので味噌の存在感が希薄だ。

要は味噌はほのかに感じるが主役ではなく途中から味噌ではなくベースのスープの旨味を伝えてくるのはさすがだ。

f:id:unkosuzou:20190612102256p:plain
f:id:unkosuzou:20190612102301p:plain

テーブルに置いてあったフライドガーリックをつまみ食いしたら旨かったのでこのラーメンにも追加してみた。

マー油がかかっているくらいだからフライドガーリックが合わないはずもなくさらなる旨味を獲得するのに成功してしまった(笑)

f:id:unkosuzou:20190612102408p:plain
f:id:unkosuzou:20190612102411p:plain

最後まで長ネギが麺にまとわりついてくるので濃厚な味噌スープを最後まで食べ飽きさせないがこのやり方はこれまでに体験したことがない。

f:id:unkosuzou:20190612103345p:plain
f:id:unkosuzou:20190612103348p:plain

あまりの旨さに6月なのに味噌スープを完食してしまい汗だくになった。

だけどそれくらいの破壊力を持ったラーメンであることは間違いない。

御年80歳になるおふくろもここのラーメンは気に入ってくれておりこの味噌ラーメンを完食し今回も大満足だったようだ。

基本的に調味料で塗りつぶされてしまうような味噌ラーメンやカレーラーメンはそんなに好きではないのだが、さすがはのぉくれ、これまでで食べた味噌ラーメンでベストだったように思う。

麺屋台 我馬 広島駅北口店(東区)冷やかけ中華そば

f:id:unkosuzou:20190608170530p:plain

麺屋台 我馬 広島駅北口店

f:id:unkosuzou:20190608170623p:plain
f:id:unkosuzou:20190608170628p:plain

開店時間の少し前に着いてしまったが休日のせいかもう行列ができ始めている。

f:id:unkosuzou:20190608170738p:plain
f:id:unkosuzou:20190608170741p:plain

今日はこの夏限定の冷やかけ中華そば狙いでやってきた。
いわゆる冷やしラーメンの一品で我馬がこれをどのようにアレンジするのか興味があった。

f:id:unkosuzou:20190608170914p:plain
f:id:unkosuzou:20190608170919p:plain

さすがに今日はこれらの卓上調味料の出番はなさそうだ。

一風堂ならこれがルイボスティーになるのだが我馬は普通のお茶なのが少々残念。

f:id:unkosuzou:20190608171028p:plain

少し待ってからキタヨ!麺屋台 我馬 広島駅北口店の冷やかけ中華そば780円。

見るからに涼しそうな盛り付けに嬉しくなってしまった。

f:id:unkosuzou:20190608171140p:plain

ちょっと予想と違った太めの平打ち麺。

冷やし麺だから当然だが凄まじいまでのコシがあって歯をギュッと押し返してくるのが自覚できる。

f:id:unkosuzou:20190608171316p:plain
f:id:unkosuzou:20190608171333p:plain

トッピングはほうれん草に海苔なんてまさかの家系なのだがこういうスッキリ系のラーメンにも悪くないのは新しい発見だった。

f:id:unkosuzou:20190608171426p:plain

スープはおそらく鶏とこんぶ、そして魚介が僅かに感じられる優しい仕様でなるほどこういうシンプル冷たいラーメンをとんこつ専門店が出すなんてなかなか面白い。

f:id:unkosuzou:20190608171321p:plain
f:id:unkosuzou:20190608171552p:plain

チャーシューにも手抜きは一切なく大きくブッといが非常に柔らかいのが2枚も驕られているのが凄い。

f:id:unkosuzou:20190608171723p:plain
f:id:unkosuzou:20190608171727p:plain

この麺はもしかして専用なのかわからないが後半までコシをずっとキープしているので後半まで食べ飽きさせてくれない。

f:id:unkosuzou:20190608171825p:plain
f:id:unkosuzou:20190608171830p:plain

メンマ、タマゴにナルトと確かに中華そばを名乗るに相応しい脇役に食感も含めてトータルで非常に高い完成度と言える。

我馬の限定はなかなか変わったのが多いがこの冷やかけ中華そばもとっても楽しませてくれる。

だけどここまでできるのならもう一捻りあったほうがインパクトがあるだろうにとちょっとだけ欲張りな注文まで思ってしまったのだった。