らをた広島

食べ歩きブログ

ブラック・ウィドウ

f:id:unkosuzou:20210903155136j:plain

すご腕の暗殺者で世界最高のスパイ、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフが主人公のアクション。

超人的な身体能力と、類いまれな美貌を持つヒロインの秘密をひもとく。

f:id:unkosuzou:20210903155345j:plain

アベンジャーズ』シリーズなどでブラック・ウィドウを演じてきたスカーレット・ヨハンソンが続投し、『女王陛下のお気に入り』などのレイチェル・ワイズらが共演。

『さよなら、アドルフ』などのケイト・ショートランドがメガホンを取った。

f:id:unkosuzou:20210903155147j:plain

孤高の暗殺者ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)の前に、ある日突然「妹」のエレーナ(フローレンス・ピュー)が現れる。

二人は自分たちを暗殺者に仕立て上げたスパイ組織レッドルームの秘密を知ってしまったため、組織から命を狙われていた。

f:id:unkosuzou:20210903155406j:plain

姉妹が頼れるのは、かつて組織によって作られた偽りの家族しかなかったが、レッドルームの陰謀はこの「家族」の再会に仕組まれていた。

f:id:unkosuzou:20210903155212j:plain

アベンジャーズシリーズは何本か見たがブラックウィドウは知らなかった。

まあMARVELの映画は全部わからなくても深く考えるような内容じゃないから大丈夫だろと舐めていたら真剣に見ていたが意味がよくわからない(笑)

f:id:unkosuzou:20210903155232p:plain

主に女性同士の激しいアクションが繰り広げられるがコレが売りの映画なのはよくわかる。

それに単純なおこちゃま向け映画じゃない事もわかってきた。

f:id:unkosuzou:20210903155252j:plain

CG処理だと思うがあの貴重な名車シトロエンDSがバイクの踏み台になったのには驚いた(笑)

そのカーアクションもむちゃくちゃ激しく見応え十分だ。

f:id:unkosuzou:20210903155303j:plain

タイトルのブラックウィドウだが黒い未亡人かと勝手に思っていたらクロゴケグモという昆虫の名前だそうでコレが元の意味だが作戦コードネームの事らしい。

ロシアの言わば強化人間みたいなのがブラックウィドウでその壮絶な生い立ちや家族について語られる。

f:id:unkosuzou:20210903155316j:plain

後半にかけてストーリーがやや雑になっていってしまうのは残念だがその分、お得意の映像で楽しませてくれる。

悪役もキャラが激しく立っておりいちいち腹が立つ立ち回りが作品をギュッと締めていて素晴らしい。

f:id:unkosuzou:20210903155327j:plain

ラストの空中アクションは凄まじいデキで完全にこの世界に入り込んでしまった。

前半の暗くて難解な展開から最後は家族愛みたいなシナリオは予想外だったが終わってみれば如何にも王道のハリウッド映画と言うに相応しいブラックウィドウだった。

 

宇宙でいちばんあかるい屋根

f:id:unkosuzou:20210903154128j:plain

野中ともその小説を原作に映画『ちはやふる -結び-』やドラマ「透明なゆりかご」などの清原果耶が映画初主演に挑む青春ファンタジー

実父と継母の間に子供ができたことで感じる疎外感、実母への思い、大学生への片思いなどの悩みを抱える14歳の少女が、満天の星の下でキックボードに乗る派手な老婆に出会い、成長していくひと夏の体験を切り取る。

f:id:unkosuzou:20210903154325j:plain

監督を務めたのは、『新聞記者』『デイアンドナイト』などの藤井道人

14歳のつばめ(清原果耶)は、父親と血のつながらない母親との3人暮らし。

両親に子供ができたことから生まれる疎外感とともに幼なじみの大学生への恋心も抱いていた。

f:id:unkosuzou:20210903154334j:plain

ある日、つばめは唯一の心休まる場所だった書道教室の屋上で派手な老婆がキックボードに乗って空を飛んでいる姿を見かける。

つばめは「星ばあ」と呼ぶことになったその老女に恋や家族の話をするようになり......。

f:id:unkosuzou:20210903154142j:plain

今のNHK朝ドラの主人公を務める清原果耶主演作品。

最近復帰した伊藤健太郎が共演している。

f:id:unkosuzou:20210903154214j:plain

清原果耶は14歳の中学生という設定なのでそこら辺の年齢がターゲットなのだろう。

青春ファンタジーともはや完全に守備範囲ではないジャンルの映画なのは百も承知で観始めた(笑)

f:id:unkosuzou:20210903154229j:plain

しかし主演の清原果耶も初主演作ということでかなり頑張っているが星ばあ役の桃井かおりに完全に食われてるがな。

この二人の関係性がこの映画のキモになるのだろう。

f:id:unkosuzou:20210903154238j:plain

余談になるが劇中にきれいな白いBNR-32が登場するが今や程度が良いのは何千万もの値段が付くほどの名車となっている。

話しが逸れてしまったが中学生くらいの多感な年齢では家庭のゴタゴタや恋愛などアレコレ悩みがあるだろうが当たり前だがどれも共感できなかった。

f:id:unkosuzou:20210903154249j:plain

前半はやや退屈な展開が多く正直しんどかったが中盤から後半にかけて物語は盛り上がりを見せる。

特に泣けはしなかったがラストはなかなかよく描けていて納得の行く終わり方に感動してしまった。

f:id:unkosuzou:20210903154259j:plain

まあ何となく伝えたい事はわかったしストーリーもわかりやすいし期待はしていなかった分、思ったより良かった宇宙でいちばんあかるい屋根だった。

 

中華そば 陽気(中区)中華そばニンニク入り

f:id:unkosuzou:20210922154238p:plain

中華そば 陽気

f:id:unkosuzou:20210922154323p:plain
f:id:unkosuzou:20210922154325p:plain

2年前、ランチ営業を開始されたと聞いてやってきて以来の訪麺だ。

メニューはシンプルに中華そばと平日だけのおにぎりだけ。

f:id:unkosuzou:20210922154330p:plain
f:id:unkosuzou:20210922154327p:plain

コロナ渦ということもあってさすがにパーティションが配置されているがそれ以外はほとんど何も変わっていない。

まあ細かいことを言えばラーメンが600円から650円に値上げされているがこれは仕方なかろう。

f:id:unkosuzou:20210922154732p:plain

ちょっと待ってからキタヨ!!中華そば陽気の中華そばニンニク入り650円。

ニンニクは掲示されていないが注文時にお願いすれば無料でトッピングしてくれる。

f:id:unkosuzou:20210922154834p:plain

もうほとんどご近所の原田製麺製のストレート麺はコシもしっかりしていてさすがは広島ラーメンのスタンダードになるだけのことはある。

f:id:unkosuzou:20210922154332p:plain
f:id:unkosuzou:20210922154335p:plain

これにネギとモヤシのトッピングが絡んでニンニクで香ばしさがブーストされてこれぞ王道といったスープになっている。

f:id:unkosuzou:20210922155049p:plain

チャーシューは脂身が少ないややパサパサ系で主張は控えめながらもしっかりとした存在感がある。

f:id:unkosuzou:20210922154337p:plain
f:id:unkosuzou:20210922154339p:plain

チャーシュー麺がないのでこれ以上のチャーシューを楽しむことはできないがデフォルトで4枚もあるのでまあ別にじゅうぶんではある。

f:id:unkosuzou:20210922154342p:plain
f:id:unkosuzou:20210922154344p:plain

これと行った目新しさはないが実にストレートなオールドタイプラーメンで評価が高いのはよくわかる。

f:id:unkosuzou:20210922154346p:plain
f:id:unkosuzou:20210922154349p:plain

後半はやや食べ飽きてしまうのでコショウが欲しくなるが以前と比較してピリッと印象的だったネギの辛さが弱くなったような気がする。

f:id:unkosuzou:20210922154351p:plain

呉市出身としてはここのラーメンにそれほど郷愁とかは感じないのだが昔から広島のヒトに愛されたラーメンであることは疑いようがない。

ニンニクを入れると非常に好みなるのだがどうしても最終的にかなり食べ飽きてしまってスープまで完食できないのは何故なのか理由を考えてしまった中華そば 陽気の中華そばニンニク入りだった。

孤狼の血 LEVEL2

f:id:unkosuzou:20210922140750j:plain

柚月裕子による小説を『日本で一番悪い奴ら』などの白石和彌監督が映画化した続編で、前作から3年後の物語をオリジナルストーリーで描く犯罪ドラマ。

f:id:unkosuzou:20210922141033j:plain

亡き先輩刑事の跡を継ぎ広島の裏社会を取り仕切るようになった若き刑事が、刑務所を出所してきた暴力団員と火花を散らす。

前作で新人刑事を演じた松坂桃李や彼と対峙(たいじ)する暴力団組長役の鈴木亮平のほか、村上虹郎西野七瀬中村梅雀吉田鋼太郎などが出演する。

f:id:unkosuzou:20210922141006j:plain

舞台は前作から3年後。広島の裏社会を収めていた伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一。

f:id:unkosuzou:20210922141046j:plain

権力を用い、暴力組織 を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきたたった一人の“悪魔”によって事態は急転していく・・・。

原作シリーズでは描かれていない、完全オリジナルストーリーとして誕生!

f:id:unkosuzou:20210922140806j:plain

作品中では呉原市となっているがほとんどを我が故郷の呉市でロケした前作孤狼の血シリーズの第二弾。

前作の孤狼の血は昭和63年を舞台にしていたから今作はその3年後と言うことは平成2年、バブル期の1990年辺りが時代背景と捉えれば良いのだろう。

f:id:unkosuzou:20210922140820j:plain

全般に東映ヤクザ映画の金字塔である仁義なき戦いシリーズの雰囲気が漂っていてこのスタッフはかなり影響を受けていると思われる。

今回のラスボスはあの鈴木亮平でコレがまた気合の入り方がハンパなくてさすがの存在感だ。

f:id:unkosuzou:20210922140846p:plain

脇を固める役者さんたちもあの手この手でコワモテを演出しており広島弁もよくトレーニングされていてあまり違和感がない。

チームナックス音尾琢真が面白い役で出てきて笑ってしまった。

f:id:unkosuzou:20210922140902j:plain

今回は広島市呉市とロケが半々くらいのようで呉名物黄ビルと屋台が映った時には嬉しかった。

それに基町高層アパートは確かに独特の雰囲気があるのでこの手の映画にはうってつけだ。

f:id:unkosuzou:20210922140911j:plain

実質ヒロインを西野七瀬が頑張ってやっているが作品の性格上、彼女にはまだ荷が重いんじゃなかろうか。

f:id:unkosuzou:20210922140932j:plain

別に上げ足を取るつもりはないが劇中に携帯電話が出てくるが平成2年あたりのケータイは自動車電話みたいなショルダーに引っ掛ける巨大なタイプしか無かったはずでここら辺りの作り込みの甘さが気にはなる。

ストーリーは前作に比べてやや単調でツッコミ所も満載で前作の役所広司のような登場人物の奥深さがなく何処と無く先が読めてしまう。

f:id:unkosuzou:20210922140951j:plain

抗争やアクション主体にしたいのはわかるがもう少しリアリティを追求したうが面白かったんじゃなかろうか。

この内容だったらまた続編が出来そうなので楽しみにしたい孤狼の血 LEVEL2だった。

 

川尻港のひとつテンヤ釣り

f:id:unkosuzou:20210921160503p:plain

再び呉市川尻港からマモラ号の一つテンヤ釣りに行ってきた。

f:id:unkosuzou:20210921160506p:plain

当日は台風一過の秋晴れで風や波もなく穏やかな瀬戸内海だった。

f:id:unkosuzou:20210921160508p:plain

さっそくグリーンピアせとうち沖のあたりで釣り開始。

最初は魚が食い渋って当たりがなかったが次第に小ぶりな鯛が釣れるようになった。

f:id:unkosuzou:20210921160511p:plain

この日はこれが一番大きかったが全部で6尾程度の鯛とマゴチが釣れたので結果としてまあまあだった。

f:id:unkosuzou:20210921160513p:plain

川尻港に帰ってきてから船頭のマモラ氏が活け締めをしてくれた。

f:id:unkosuzou:20210921160515p:plain

5人でこれくらい釣れたので全体にはよかった方だろう。

f:id:unkosuzou:20210921160518p:plain

残念ながら自分では捌けないので同行者に全部プレゼントしたが彼はこれから帰宅して包丁人として大活躍しなくっちゃならんだろう(笑)

それにしても最近になって若干一つテンヤのコツみたいなのがわかった気がしてきたのだがますますこの釣りの魅力に取り憑かれてしまいそうなのだった。

烏龍 赤担々麺 濃厚練りごま 旨辛スープ(明星食品)

f:id:unkosuzou:20210918155750p:plain

烏龍 赤担々麺 濃厚練りごま 旨辛スープ

ドラッグストアコスモス限定のようだ。

f:id:unkosuzou:20210918160006p:plain
f:id:unkosuzou:20210918160008p:plain
f:id:unkosuzou:20210918160010p:plain

 

定  価:218円(税込)   

購入価格:218円(税込)

f:id:unkosuzou:20210918160013p:plain
f:id:unkosuzou:20210918160015p:plain
f:id:unkosuzou:20210918160018p:plain

値段の割りにはノンフライ麺だったりして油断していたがけっこうな本格派でちょっと驚いた。

f:id:unkosuzou:20210918160020p:plain
f:id:unkosuzou:20210918160022p:plain

福岡 筑豊的担々麺ってあるのでもっとトンコツ臭いのを想像していたがどちらかというと胡麻味噌みたいな独特な風味の濃厚スープ。

f:id:unkosuzou:20210918160443p:plain

麺はしっかりとコシがあってこの個性派スープに負けていない。

f:id:unkosuzou:20210918160025p:plain
f:id:unkosuzou:20210918160027p:plain

具もそれなりに頑張っていてトータルな実力はかなりのものだと言える。

f:id:unkosuzou:20210918160029p:plain
f:id:unkosuzou:20210918160032p:plain

ただ個人的にはもう少し辛さにパンチがあったほうが担々麺らしくて良いと思うが万人向けとなるとこれくらいが丁度よい加減なのだろう。

ドラッグストアのカップ麺と侮っていたのだが安い割に相当にハイレベルでビビってしまった烏龍 赤担々麺 濃厚練りごま 旨辛スープだった。

麦家人(中区)広島冷麺中3倍野菜増し

f:id:unkosuzou:20210918111341p:plain

麦家人

「ばっかじん」と読むらしいが最近オープンした広島激辛つけ麺のお店。

f:id:unkosuzou:20210918111530p:plain
f:id:unkosuzou:20210918111527p:plain
f:id:unkosuzou:20210918111534p:plain

あの有名な原田製麺所の隣っていうかほとんど同じような敷地の建物の一階がお店になっている。

f:id:unkosuzou:20210918111536p:plain
f:id:unkosuzou:20210918111539p:plain

入店すると真新しいカウンターに通されてメニューを見る。

専門店だけあって広島冷麺だけで後は量とトッピング、辛さを選ぶことになる。

f:id:unkosuzou:20210918112005p:plain

f:id:unkosuzou:20210918112007p:plain

ちょっと待ってからキタヨ!!麦家人の広島冷麺中3倍800円+野菜増し100円=900円。

f:id:unkosuzou:20210918111544p:plain
f:id:unkosuzou:20210918111547p:plain

なるほど野菜盛りにしてだけあって気持ち良い野菜タワーがそびえ立ち麺をほじくりだすのにも苦労する(笑)

f:id:unkosuzou:20210918112218p:plain

つけダレにどっぷりと浸して食べてみると指定できる一番辛い3倍なのにピリ辛というか辛さ攻撃がやや弱い。

f:id:unkosuzou:20210918111552p:plain
f:id:unkosuzou:20210918111549p:plain

チャーシューは広島激辛つけ麺によくあるパッサパサタイプでまあこういうのも悪くはないがもう少しこってりさせてくれたほうが好みではある。

f:id:unkosuzou:20210918112426p:plain

お店のスタッフの方が辛さを増せると教えてくださったのでさっそく辛さペーストを追加することにした。

f:id:unkosuzou:20210918111558p:plain
f:id:unkosuzou:20210918111555p:plain

スプーン一杯では全然足りないので3〜4杯追加させてもらった。

f:id:unkosuzou:20210918111600p:plain
f:id:unkosuzou:20210918111603p:plain

残念ながらいくら辛さペーストを追加しても一定のところからは辛くなってはくれず、つけダレがどんどんドロドロに変化してしまった。

相対的につけダレを支えているダシが弱くなって味が単調になるようだ。

f:id:unkosuzou:20210918111605p:plain
f:id:unkosuzou:20210918111608p:plain

普通この手の広島激辛つけ麺は途中から辛味成分がなくなって最後の方はダシの味だけみたいになるのだがこれはドロドロ辛味成分だけになるという不思議な展開になってしまった。

f:id:unkosuzou:20210918111612p:plain

広島激辛つけ麺初心者には非常に敷居が低くて食べやすいかもしれないが散々広島激辛つけ麺を食べ歩いたような猛者にはおそらくはちょっと物足りないんじゃないかと思われる麦家人の広島冷麺中3倍野菜増しだった。