らをた広島

食べ歩きブログ

麺彩キッチン あひる食堂(安佐南区)金の柚子 塩らぁ麺

f:id:unkosuzou:20200110163245p:plain

今度こそ懸案のチャンポンを食べようと意気揚々とやってきた麺彩キッチン あひる食堂

f:id:unkosuzou:20200110163343p:plain

機嫌よくテーブルに座って壁に貼ってあるメニューを見たらドドーンとこの数量限定販売「金の柚子 塩らぁ麺」の文字が目に飛び込んできてしまった。

当然ながら誘惑には勝てず迷いなくチャンポンからこの限定メニューに方向転換したのだった(涙)

f:id:unkosuzou:20200110163553p:plain

ちょっと後悔したがこの金の柚子 塩らぁ麺のド迫力のルックスにすぐに気持ちは建てなおすことができた(笑)

f:id:unkosuzou:20200110163715p:plain

基本的にははまぐりの柚子塩らぁ麺がベースになっていると思われるが麺もおそらくは変更されていないと思われる。

f:id:unkosuzou:20200110164019p:plain

まあなんといってもこのズワイガニのブッとい身がドサッといれてあって当然ながらレア状態で食べるとうっとりするくらいに旨い。

f:id:unkosuzou:20200110164122p:plain
f:id:unkosuzou:20200110164126p:plain

ただそのカニをもってしてもこのはまぐりスープとは互角のようで貝とカニと鶏のバランスの良さは見事としか言いようがない。

f:id:unkosuzou:20200110164139p:plain
f:id:unkosuzou:20200110164131p:plain

はっきりとわかるくらいに柚子がその存在感を発揮していてこれだけの魚介でも生臭さを完全に殺してくれている。

f:id:unkosuzou:20200110164136p:plain
f:id:unkosuzou:20200110164134p:plain

これに鶏チャーシューを合わせるのであくまでも優しくマイルドながら後半になっても全然食べ飽きないほどの味の深みを感じられるのはある意味の幸せを感じてしまった。

f:id:unkosuzou:20200110164145p:plain
f:id:unkosuzou:20200110164147p:plain

これだけのデキのラーメンに対してスープを残すとかのそういった選択肢はもはや微塵もなく躊躇なく最後まで一滴残らず飲み干してしまった。

いやいやさすがに1200円というプライスはアレだと最初は思ったがこの内容だったらじゅうぶんにお値段以上のデキだと断言できる麺彩キッチン あひる食堂の金の柚子 塩らぁ麺だった。

素晴らしい。

Plus Ultra プルスウルトラ(中区)ニンニクラーメン

f:id:unkosuzou:20200112152308p:plain

Plus Ultra (プルスウルトラ)

駐車場がないので近所のコインパーキングにクルマを入れてやってきた。

f:id:unkosuzou:20200112152421p:plain
f:id:unkosuzou:20200112152424p:plain

期間限定のニンニクラーメンがあると聞いてきたのだが「野菜マシ」「ニンニク増し」「アブラマシ」「カラメ」とオプションがあってどうやらあの二郎系インスパイアラーメンのようだ。

f:id:unkosuzou:20200112153036p:plain

少し待ってからキタヨ!!Plus Ultra プルスウルトラのニンニクラーメン(野菜100円、ニンニクマシ50円)950円。

f:id:unkosuzou:20200112153221p:plain
f:id:unkosuzou:20200112153227p:plain

いかにも二郎系の迫力あるルックスではあるが個人的願望を言わせてもらえば有料の野菜マシであればどこから攻略するか悩むほどの野菜タワーになって欲しいものだ。

f:id:unkosuzou:20200112155553p:plain

麺は太めではあるがいわゆる二郎系のゴリゴリの極太麺ではなく味噌ラーメンに入っていそうなやや平たいタイプではあるがコシはじゅうぶんにあってなんとかそれなりに形になっていると思う。

f:id:unkosuzou:20200112153224p:plain
f:id:unkosuzou:20200112153232p:plain

ちょっと残念なのはチャーシューがいわゆる広島ラーメンと同じパサパサタイプで明らかにこのラーメンには力負けしている。

野菜はモヤシにキャベツでここらへんの処理はきっちりしてあってさすがだ。

f:id:unkosuzou:20200112160005p:plain

背脂が浮いてコッテリ感がアップしてはいるがベースは明らかに広島ラーメンで実際、こんなに二郎系に広島ラーメンの豚骨醤油スープが合うとは思わず意外だった。

f:id:unkosuzou:20200112153229p:plain
f:id:unkosuzou:20200112153234p:plain

 ニンニクは明らかにその香りと味でその存在感はあるのだがニンニク自体はどこにもないのはどういうことなのだろう??

もしかしてペースト状のニンニクが入っているのだろうか??

f:id:unkosuzou:20200112153236p:plain
f:id:unkosuzou:20200112153239p:plain

なんだかんだと言いながら結局スープを最後まで飲み干してしまった。

ここまで広島ラーメンベースを隠さない二郎系インスパイアラーメンって初めて食べたが想像していたよりずっと広島ラーメンっぽさはなくなっている。

ワイルドな二郎系が好みのムキにはちょっと上品過ぎるかもしれないが逆に二郎系入門者やあそこまでのガッツリを望まないヒトにはなかなか面白いんじゃなかと思ったPlus Ultra プルスウルトラのニンニクラーメンだった。

アユール Ayur(中区白島)関東風魚介系つけ担々麺

f:id:unkosuzou:20200106064822p:plain

アユール (Ayur)

基本的にノンジャンルの居酒屋さんのようだが最近になって担々麺に特化したランチを始められたようでやってきた。

ややわかりにくい立地に駐車場はないので近隣のコインパーキングに入れて歩いてきた。

f:id:unkosuzou:20200106064953p:plain
f:id:unkosuzou:20200106064948p:plain
f:id:unkosuzou:20200106064950p:plain

担々麺ばかりのメニューのようでどれにしようかと迷っていたら限定のつけ担々麺を発見!!

これにすることを誓って入店した。

f:id:unkosuzou:20200106064956p:plain
f:id:unkosuzou:20200106064959p:plain

夜の創作ダイニングも内容はようわからんがリーズナブルに設定されているようでこれもなかなか魅力的だ。

担々麺は冷やし濃厚担々麺に目が行ってしまう。

f:id:unkosuzou:20200106065003p:plain
f:id:unkosuzou:20200106065006p:plain

 だけどここは初志貫徹してつけ担々麺を注文したがこのテーブル調味料の酢はわかるが山椒オイルってのは初めて見た。

f:id:unkosuzou:20200106073141p:plain

f:id:unkosuzou:20200106073145p:plain

ちょっと待ってからキタヨ!アユール Ayurの関東風魚介系つけ担々麺800円。

麺の茹で方や辛さ指定はなく完全デフォルト。

f:id:unkosuzou:20200106073408p:plain

しっかりとコシのある太麺だがこれは中華料理屋にある一般的な中華麺ではなくラーメン屋の本格麺のようだ。

f:id:unkosuzou:20200106073304p:plain
f:id:unkosuzou:20200106073305p:plain

つけダレにしっかり浸してわしわし食べ始めると想像していたよりもけっこう辛い。

スープもトンコツベースなのか辛さに負けない濃厚さと甘さがあって魚介もしっかりと効いている。

f:id:unkosuzou:20200106073308p:plain
f:id:unkosuzou:20200106073311p:plain
f:id:unkosuzou:20200106073314p:plain

関東風という定義がようわからんがそれにしてもよく考えたらこんなつけ担々麺ってありそうでなかなか出会えるもんでもない。

f:id:unkosuzou:20200106073320p:plain
f:id:unkosuzou:20200106073318p:plain

大注目の山椒オイルとそれと最近はやりの酸っぱ辛い味を実現するためこの酢も入れて味変を試みることにしたのだった。

f:id:unkosuzou:20200106073324p:plain
f:id:unkosuzou:20200106073327p:plain

最初は少しだけからだんだんしっかりと入れてみたがこの山椒オイルってモロ山椒の粉を入れるのとほとんど変わらんっていうか同じだ(笑)

こういう調味料が売っているのかここのオリジナルか知らんがどっちにしろえらい画期的なもんがあるもんだ。

f:id:unkosuzou:20200106073331p:plain
f:id:unkosuzou:20200106073334p:plain

酢もスキッと爽やかに変化させてくれる効果もあってスープ割を必要とすることなくつけダレ全部もなくなってしまった。

う〜〜んこれはちょっと気まぐれで作ったような担々麺ではなくしっかりとした基礎があっての結果なのだろう。

これは有名になる前にもうすこし深堀りしてしまいたくなってしまったアユール Ayurの関東風魚介系つけ担々麺だった。

マジオススメ。

らーめんもりかわ(南区)酸辣湯麺

f:id:unkosuzou:20200122143605p:plain

らーめんもりかわ

もう完全に期間限定メニューにすっかり取り憑かれてしまっている(笑)

f:id:unkosuzou:20200122143652p:plain
f:id:unkosuzou:20200122143654p:plain

今月の限定はこの酸辣湯麺だ。

ちょっと遅れて始まったので提供期間が短いのは残念だ。

f:id:unkosuzou:20200122150010p:plain

ちょっと待ってからキタヨ!!らーめんもりかわの酸辣湯麺970円。

f:id:unkosuzou:20200122145808p:plain
f:id:unkosuzou:20200122145811p:plain

最近この野菜タワーが流行りなのか凄く盛り上がっていてなんだか嬉しい(笑)

f:id:unkosuzou:20200122150142p:plain

麺はいつものでしっかりとコシがあってあれこれと変化球のスープやトッピングにも負けない強さがある。

f:id:unkosuzou:20200122145813p:plain
f:id:unkosuzou:20200122145816p:plain

タワーになっているものの内容は白菜と豚肉でこれが炒めてあるのかシャキシャキとした歯ごたえと旨味が同時に味わえる。

f:id:unkosuzou:20200122150318p:plain

辛さも酸味もかなりマイルドでこれだったらマニア向けではなく普通のヒトでもじゅうぶんに楽しめそうだ。

f:id:unkosuzou:20200122145822p:plain
f:id:unkosuzou:20200122145824p:plain

食べていると途中で対象がザーサイを持ってきてくれた。

お好みで入れると良いとのことだが躊躇なく一気に全部放り込んだ。

f:id:unkosuzou:20200122145819p:plain
f:id:unkosuzou:20200122145827p:plain

この手の麺料理にザーサイが合わないはずもなくこれでより複雑な味に変化してくれて最初からもっと多めにいれておいても良いくらいだ。

f:id:unkosuzou:20200122145827p:plain
f:id:unkosuzou:20200122145829p:plain

それにしても二郎系を思わせる多めのトッピングと麺の量がほぼ同じくらいのようでこれらとスープが同時になくなっていくさまはよく計算されていると感心してしまう。

f:id:unkosuzou:20200122145832p:plain
f:id:unkosuzou:20200122145835p:plain
f:id:unkosuzou:20200122145837p:plain

実際かなりの量があるのだがアレヨアレヨという間にみるみる丼がスープと少しのトッピングだけになってしまった。

f:id:unkosuzou:20200122145839p:plain
f:id:unkosuzou:20200122145843p:plain

最後は丼を持ったまま一気に完食!!

ちょっと厚着をしていると汗だくになりそうだったので途中で上着を脱いで正解だった。

来月からはこれをベースにした天理ラーメンと予告されているがよくもまあ次から次へといろいろ繰り出してくるもんだ。

そうは言っても来月の限定も絶対に食べるんだけどね(笑)

今回も満足度の高かったらーめんもりかわの酸辣湯麺だった。

麺家たいら(呉市)汁なし拌麺

f:id:unkosuzou:20200105151101p:plain

麺家たいら

今日はブラックラーメンと並んでのメインメニューである汁なし担々麺である汁なし拌麺狙いでやってきた。

f:id:unkosuzou:20200105151355p:plain
f:id:unkosuzou:20200105151357p:plain

さっそく自動券売機でチケットを購入してカウンターに座った。
ここの汁なし拌麺には花山椒が入っていないので個人的に任意で入れて欲しいと書いてある。

f:id:unkosuzou:20200105152108p:plain

 少し待ってからキタヨ!麺家たいらの汁なし拌麺(あと飯付き)700円。

汁なしって割にはけっこうなタレが底にあるのがわかる。

f:id:unkosuzou:20200105201013p:plain

ラー油による辛さはあるが確かに花山椒の痺れはないようだ。

ブラックラーメンのインパクトが強い麺家たいらだがこれは醤油塩分で攻めまくられるタイプじゃないようで安心した(笑)

f:id:unkosuzou:20200105201029p:plain
f:id:unkosuzou:20200105201035p:plain

さっそくの味変を試みる事にしたがテーブル調味料の花山椒とこれまた酢をドサドサと投下してみた。

f:id:unkosuzou:20200105201027p:plain
f:id:unkosuzou:20200105201032p:plain

かなり痺れ感も伴う花山椒だし最近時々出くわす汁なし担々麺に於ける酢も慣れてきて嬉しいがもう少しデフォルトでの自己主張もあってよいかとも思う。

f:id:unkosuzou:20200105201038p:plain
f:id:unkosuzou:20200105201041p:plain

さて麺がどんどんなくなってくると最終的にタレと肉、野菜が残ってしまいここにきて無料の追い飯をお願いすることにした。

f:id:unkosuzou:20200105201043p:plain
f:id:unkosuzou:20200105201046p:plain

通常の茶碗半分以下くらいのご飯がでてきたがこれを入れると丁度よい加減になって〆としての機能をしているようだ。

f:id:unkosuzou:20200105201049p:plain

相当にモデファイするムキには受け入れられそうだが個人的には単に未完成な素材として客に出すのはどうなのかなと若干否定的に捉えてしまったがまあ、呉という比較的保守的な場所柄を考えれば仕方ないのかもしれない。

貞子 2019

f:id:unkosuzou:20200105204653p:plain

鈴木光司のベストセラー小説「リング」シリーズの一つ「タイド」を原作にしたホラー。

記憶を失ってしまった少女と向き合う心理カウンセラーの女性が怪現象に見舞われる。

メガホンを取るのは、『リング』シリーズや『スマホを落としただけなのに』などの中田秀夫

『映画 みんな!エスパーだよ!』『一礼して、キス』などの池田エライザがヒロインを演じる。

f:id:unkosuzou:20200105204818j:plain

心理カウンセラーである茉優(池田エライザ)の勤め先に、警察に保護された少女が入院してくる。

記憶を失い名前も言えない彼女のカウンセリングにあたる茉優だが、周囲で奇怪な現象が頻発する。

f:id:unkosuzou:20200105204936j:plain

同じころ、茉優の弟で動画クリエイターの和真(清水尋也)は、アップロードした映像の再生回数が伸びないことに焦りを感じていた。

そこで、死者5人を出した火災の起きた団地に侵入し、心霊動画を撮ろうとする。

f:id:unkosuzou:20200105204847p:plain

あの池田エライザ主演と言う事で釣られて観た。

オリジナルの貞子は観たことないが呪いのVHS(懐かしい)ビデオを観たらテレビ画面の中から長い髪の女貞子が這い出してくるくらいは知ってる。

そのリメイク版。

f:id:unkosuzou:20200105205001j:plain
ビデオはもはやないし今度はBlu-rayディスクから貞子は出てくるのかと予想していたがかなり時代に合わせて設定がモディファイされたようで今回は呪いの動画が動画サイトで拡散され、貞子が出てくるのは液晶ディスプレイだ。

主演は確かに池田エライザなのだが女のコやその他子供たちも出てくるので、もしかしたらこの映画は子供向けなのかも知れないが超ビビりの自分でも全然怖くない。

f:id:unkosuzou:20200105205019j:plain

別に子供向けでも内容が面白ければ全く構わないのだがストーリーはチープで盛り上がりに欠ける。

f:id:unkosuzou:20200105205036j:plain

中田秀夫監督は『スマホを落としただけなのに』が面白かっただけに今回の貞子は期待外れと言わざるを得ない。

確かに期待が大きすぎたのは認めるがちょっとガッカリだった貞子2019だった。

 

明星 銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば (明星食品)

f:id:unkosuzou:20200102124644p:plain

明星 銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば

希望小売価格 230円(税別)

内容量(めん量) 165g (130g)

発売日 2019年12月9日

商品区分 カップ

f:id:unkosuzou:20200102124816p:plain
f:id:unkosuzou:20200102124819p:plain
f:id:unkosuzou:20200102124823p:plain

カシミールカレーの味を再現した極辛ソースとモチモチの極太麺が相性抜群の「超スパイス系まぜそば」です。仕上げの香ばしオニオンソースで最後まで食べ応えのある味わいを楽しめます。

f:id:unkosuzou:20200102124811p:plain
f:id:unkosuzou:20200102124834p:plain

東京・銀座にあるインド・パキスタン料理専門店「銀座デリー」は1956年創業で、カシミールカレー発祥店ともいわれる老舗有名店です。

「銀座デリー」の代表的メニュー「カシミールカレー」は、クミンやコリアンダーなど十数種類ものスパイスを贅沢 (ぜいたく) に使用した突き抜けた辛さが特徴の真っ黒のカレーです。

f:id:unkosuzou:20200102124838p:plain
f:id:unkosuzou:20200102124841p:plain
f:id:unkosuzou:20200102124844p:plain

今回の新商品は、この「カシミールカレー」のおいしさをまぜそばにアレンジしました。スパイスを駆使した極辛カレーソースがもちもちの極太麺に絡む、「辛い」「濃厚」「ガッツリ」の三拍子そろった "超スパイス系カレーまぜそば" です。

焦がしオニオンが効いた、仕上げの特製ソース「香ばしオニオンソース」がアクセントになっています。

f:id:unkosuzou:20200102125214p:plain

1. めんソースの絡みが良く、もちもちした食べ応えのある極太麺です。

2. ソースクミン、ターメリックコリアンダーなどの香辛料をベースに、ガーリック、チリで辛さと苦味を加えたカシミールカレー味の極辛ソースです。

仕上げの香ばしオニオンソースで最後まで食べ応えのある味わいです。

f:id:unkosuzou:20200102124855p:plain
f:id:unkosuzou:20200102124849p:plain

3. かやく挽肉、赤ピーマンを組み合わせました。

4. ふりかけパセリチップにチリ、パプリカ、クミンなどを組み合わせた彩りの良い特製ふりかけです。

f:id:unkosuzou:20200102124852p:plain
f:id:unkosuzou:20200102124858p:plain
f:id:unkosuzou:20200102124901p:plain

これは単なるカレー焼きそばだと思って食べたら相当に辛い設定でビビった。

濃厚なソースに激辛とは言わないがパンチの効いた辛さのカレーというリッチな組み合わせは絶妙で途中で味変しなくても最後まで食べ飽きない。

通常の油揚げ麺も最近のは弾力やコシがしっかりしていてこんな力強過ぎるソースにも負けていないのが地味に凄いと思っていしまった明星 銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそばだった。