らをた広島

食べ歩きブログ

355

f:id:unkosuzou:20220406170156j:plain

ある秘密兵器の存在を追う、CIAのメイス(ジェシカ・チャステイン)。

彼女は同じように秘密兵器を捜すドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、MI6のコンピュータースペシャリストであるハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報(ちょうほう)組織に所属する心理学者グラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)と出会う。

f:id:unkosuzou:20220406170459j:plain

スパイチーム「355」を結成した彼女たちは、第3次世界大戦勃発をもくろむ国際テロ組織に戦いを挑む。

f:id:unkosuzou:20220406170216j:plain

『AVA/エヴァ』などのジェシカ・チャステインらが出演したアクション。アメリカやドイツなどの諜報(ちょうほう)組織に所属する女性たちがチームを結成し、第3次世界大戦を引き起こそうとたくらむテロ組織に立ち向かう。

f:id:unkosuzou:20220406170433j:plain
監督は『X-MEN:ダーク・フェニックス』などのサイモン・キンバーグ。

それでも恋するバルセロナ』などのペネロペ・クルス、『背徳と貴婦人』などのファン・ビンビンのほか、ダイアン・クルーガールピタ・ニョンゴエドガー・ラミレスらが共演する。

f:id:unkosuzou:20220406170246j:plain

女性スパイの活躍を描く作品。

スパイモノと言えばやはり007シリーズが有名だがこれの女性版かと予想して観始めた。

f:id:unkosuzou:20220406170307j:plain

どうでもいい事だが昔フェラーリF355ってクルマがあったが総排気量が3500cc+5バルブという意味だからこの映画とはなんの関係もない(笑)

この映画のタイトルの355は多国籍スパイチームもコードネームのようだが作品の最後でやっとなんのことか説明される。

f:id:unkosuzou:20220406170317j:plain

アクションは迫力があって見応えがありさすがはジェイソン・ボーンシリーズのスタッフが関わっているだけの事はある。

だが実際秘密保持が最優先の国の諜報員がこんな風に安易に手を組むのかちょっとムリがあるような気がしないでもないが、どことなくチャーリーズエンジェルのような様相を呈してくる。

f:id:unkosuzou:20220406170337j:plain

有名な女優さんがでているようだが個人的にはペネロペ・クルス以外はわからない(泣)

クライマックスが上海なのが嫌な予感がしたがコレはどうやら例の中国で当てようと言う目論見がある中国持ち上げ映画のようで中国人女優が救世主のような役柄で出てくる。

f:id:unkosuzou:20220406170347j:plain

ストーリーはまあ安直と言うか簡単と言うか清々しいほどヒネリも何もなくただドンパチシーンを楽しむための映画。

しかしここまで味方はほとんどやられずに敵は殺されまくりだと幾らなんでもリアリティは吹き飛びだんだんバカバカしくなる。

f:id:unkosuzou:20220406170358j:plain

ラストをみればどうやらこの作品をシリーズ化させようとしているようだがなこれが当たらなければそれもどうなるかわからないだろう。

2021年はアニメを含む邦画が洋画を興行成績で圧倒したそうだがその理由がなんとなくわかったような気がする。

f:id:unkosuzou:20220406170415j:plain

期待値が高かっただけにかなり残念感が漂ってしまった355だった。

 

ラーメン悟空(米子市)チャーシューメン

f:id:unkosuzou:20220416111656p:plain

ラーメン悟空

ここの肉がウマいと言う息子のススメでやってきた。

f:id:unkosuzou:20220416111935p:plain
f:id:unkosuzou:20220416111938p:plain

お昼時間を大幅に過ぎてもう夕方になろうかという中途半端な時間にやってきたが行列こそないが店内はけっこう賑わっているのが凄い。

f:id:unkosuzou:20220416111944p:plain
f:id:unkosuzou:20220416111941p:plain

フードコートのように呼びベルを持って待つ一般店ってのはちょっと聞いたことがない。

f:id:unkosuzou:20220416111950p:plain
f:id:unkosuzou:20220416111947p:plain

店内に入ってカウンターに通されたが驚いたのがこのQRコードを読み込んでスマホを使った注文方法。

スマホを持っていないヒトや使えないヒトはどうするのかと思ったら通常の口頭での注文もできるようだ。

f:id:unkosuzou:20220416111954p:plain
f:id:unkosuzou:20220416111956p:plain
f:id:unkosuzou:20220416112004p:plain

メニューはけっこう幅広くあるのだが基本的にココは鳥取県らしく牛骨スープがベースになっているの最大の特徴らしい。

f:id:unkosuzou:20220416111959p:plain
f:id:unkosuzou:20220416112001p:plain

厨房が丸見えの席の座ったのだが家族経営のようで男性が調理をして女性がホールをやっていてこれがよく連携が取れている。

f:id:unkosuzou:20220416112725p:plain

息子が注文した限定辛みそラーメン690円。

f:id:unkosuzou:20220416112806p:plain

そしてこちらがラーメン悟空のチャーシューメン860円。

これで860円でいいのか?と思うほどのコレでもか!感が凄まじい。

f:id:unkosuzou:20220416161913p:plain

麺は何ていうか山口県でよく使われているようないわゆるザクザク感のあるちょっと太めのストレートタイプ。

最初から柔らかく茹でられているのはこういうのが好まれるからだろう。

f:id:unkosuzou:20220416112012p:plain
f:id:unkosuzou:20220416112010p:plain

注目のチャーシューは直前に炙ったコッテリ系と薄くスライスされた低温調理系でどちらも信じられないくらいに柔らかくで評判とおりの旨さに感激。

f:id:unkosuzou:20220416112016p:plain
f:id:unkosuzou:20220416112019p:plain

スープは牛骨ベースだけど脂が効いたコッテリしていて塩分もそれなりにあるパンチに圧倒される。

牛骨って甘くて優しいイメージがあるがここのはそういうのとハッキリと一線を画する。

f:id:unkosuzou:20220416112023p:plain
f:id:unkosuzou:20220416112026p:plain

チャーシューの量が多くてお腹いっぱいになってスープまで完食できなかったがもはや麺料理というより肉料理の範疇に入れたほうが合点がいく。

この内容で絶対に860円ってのは大バーゲン価格なのは間違いない。

相当満足度は高かったラーメン悟空の肉まみれチャーシューメンだった。

青山剛昌ふるさと館とコナンの家 米花商店街(鳥取県東伯郡)

f:id:unkosuzou:20220415164241p:plain青山剛昌ふるさと館

人気漫画名探偵コナンの作者青山剛昌先生の記念館。

f:id:unkosuzou:20220415164503p:plain
f:id:unkosuzou:20220415164459p:plain

ココも息子に連れてきてもらった。

このメガネかけているのが青山剛昌先生らしいがどうなんだろう?

f:id:unkosuzou:20220415164439p:plain
f:id:unkosuzou:20220415164442p:plain
f:id:unkosuzou:20220415164445p:plain

表にアガサ博士が本当に乗った黄色のビートルがあって妙にリアリティがあって笑えた。

f:id:unkosuzou:20220415164703p:plain

館内は撮影禁止が多くあまり写真撮れないのだがまあだいたい予想通りの内容だった。

f:id:unkosuzou:20220415164454p:plain
f:id:unkosuzou:20220415164456p:plain

実写の青山剛昌先生の映像が流れていたが確かにさっきのイラストに似ているのには驚いた。

f:id:unkosuzou:20220415164448p:plain
f:id:unkosuzou:20220415164451p:plain

名探偵コナンはもちろん知っているが熱心なファンでもないのであまり興味は沸かなかった。

f:id:unkosuzou:20220415164509p:plain
f:id:unkosuzou:20220415164512p:plain
f:id:unkosuzou:20220415164506p:plain

その近隣にあるコナンの家 米花商店街の方が正直楽しく思えてしまった。

f:id:unkosuzou:20220415165108p:plain

これってコナンの映画にでてきた大阪弁の探偵と彼女だと思う。

f:id:unkosuzou:20220415165141p:plain

コナンのオブジェでこれはおそらく写真撮影用だろう。

鳥取鳥取砂丘コナン空港と名付けているくらいにコナン推しだがここの施設の盛況ぶりを見ればそれも納得の青山剛昌ふるさと館とコナンの家 米花商店街だった。

円形劇場くらよしフィギュアミュージアム(倉吉市)

f:id:unkosuzou:20220415110408p:plain

円形劇場くらよしフィギュアミュージアム

廃校をリニューアルしたフィギュアミュージアムらしく息子に連れてきてもらった。

f:id:unkosuzou:20220415110530p:plain

ちょうど食品サンプルのセカイというのをやっていて入館時に全部見学すると一人1200円になるとのことだったのでクイックペイで支払った。

f:id:unkosuzou:20220415110852p:plain
f:id:unkosuzou:20220415110855p:plain

円形校舎って初めて入ったが真ん中に周り階段で扇型の教室とかこれは確かに無駄なスペースが多くて使いにくそうだ。

f:id:unkosuzou:20220415110759p:plain
f:id:unkosuzou:20220415110802p:plain
f:id:unkosuzou:20220415110807p:plain

肝心の食品サンプルだが最近はめっきり見なくなったように気もするが以前のうように店頭に並ぶだけではなく多方面にその可能性を広げているようだ。

f:id:unkosuzou:20220415110809p:plain
f:id:unkosuzou:20220415110804p:plain

よくマンガにでてくるマンモス肉はさておきこのステーキ肉なんてもう本当に肉にしか見えない。

f:id:unkosuzou:20220415110812p:plain
f:id:unkosuzou:20220415110814p:plain

今度は本来のフィギュアのエリアになったが進撃の巨人やハイキューなどわかるキャラクターがあると嬉しい。

f:id:unkosuzou:20220415110817p:plain
f:id:unkosuzou:20220415110820p:plain
f:id:unkosuzou:20220415110823p:plain

鳥取だけあって名探偵コナンは大きく扱われていてこの犯人に黒カレーには商魂逞しさを感じる(笑)

f:id:unkosuzou:20220415111526p:plain

この大型の恐竜はそうとう力入っているようで仕上げも細部に渡るまで丁寧なのがよくわかる。

f:id:unkosuzou:20220415110831p:plain
f:id:unkosuzou:20220415110826p:plain

他に飛行機や戦車などのミリタリーなど多岐にわたって展示してあったが興味がないものはその良さがよくわからない。

f:id:unkosuzou:20220415110828p:plain
f:id:unkosuzou:20220415110835p:plain
f:id:unkosuzou:20220415110839p:plain

逆に装甲騎兵ボトムズ北斗の拳ケンシロウアルファード顔のジャギなどここらへんのアニメ系は馴染みがあるので理解できる。

f:id:unkosuzou:20220415110842p:plain
f:id:unkosuzou:20220415110846p:plain
f:id:unkosuzou:20220415110849p:plain

個人的に極め付きは新世紀エヴァンゲリオンでここのエリアに一番長い時間いた(笑)

クルマやバイクのフィギュアがあればもっと楽しめたと思うがこれだったら1200円の入館料はちょっと高いように感じられてしまった円形劇場くらよしフィギュアミュージアムだった。

一麺天に通ず(グローバルリゾート弥山)カツオ醤油ラーメンチャーシュー増し

f:id:unkosuzou:20220415101556p:plain

グローバルリゾート弥山

公式サイトによるとここで一麺天に通ずが出張ラーメンをやると聞いてやってきた。

f:id:unkosuzou:20220415101839p:plain
f:id:unkosuzou:20220415101752p:plain

確かここは以前はバスとかも駐車できる民宿 東京荘だったような気もするが大きくリニューアルしたようだ。

ここの1階に入ったら靴を脱いでスリッパを履いてレストランスペースに通されたがこれが宮島を正面から見れる絶景じゃないの。

さっそくラーメン(カツオ醤油一択)をお願いして待つがオッサン一人でもこう景色が良いとそれだけで楽しい(笑)

f:id:unkosuzou:20220415102425p:plain

ちょっと待ってからキタヨ!!グローバルリゾート弥山出張中の一麺天に通ずのカツオ醤油ラーメン850円チャーシュー増し150円=1000円。

f:id:unkosuzou:20220415101757p:plain
f:id:unkosuzou:20220415101759p:plain

丼の下にちゃんと皿がひいてあってこれは上品に見えるだろう。

この手のラーメンによく入っている柚子だが隠し味的に小さくわからんように入っているのは悪くないがこれ見よがしに主張されると何故かちょっと引いてしまう(笑)

f:id:unkosuzou:20220415102921p:plain

麺はここのお店のグループ共通のいつものやつでしっかりコシがあるように茹でられていていつもと同じ仕事がこんな主張所でもできるなんて流石だ。

f:id:unkosuzou:20220415101802p:plain
f:id:unkosuzou:20220415101807p:plain

一麺天に通ずのカツオは以前食べたことがあるのだがその時と仕様がかなり変わっていることに気がついた。

カツオブシは同じだが海苔が大幅に変わりメンマは省略されたようだ。

f:id:unkosuzou:20220415103402p:plain

チャーシューは以前はもっとレアで提供されていたが今回のは最初からミディアムくらいの火通しになったようだが相変わらずの旨さなんだがチャーシュー増しなのに以前のデフォルトくらいの量なのはやや寂しい。

f:id:unkosuzou:20220415101804p:plain
f:id:unkosuzou:20220415101810p:plain

まあ暫定的な間借り店舗だし、原材料の値上げやなんだかんだあるので仕方ないのだろう。

f:id:unkosuzou:20220415101814p:plain
f:id:unkosuzou:20220415101817p:plain

最近は広島でも同じジャンルの淡麗清湯ラーメン店がかなり多く出現しているので目新しさはないがそれでもやはり中盤から後半にかけても味変を必要とすることなくワシワシ食べすすめる事ができるのはやはり凄い。

f:id:unkosuzou:20220415101820p:plain
f:id:unkosuzou:20220415101823p:plain

よく見るとネギの切り方も以前とは違っているようでこのネギの辛みは程よいアクセントになっている。

柚子はここまで多いと予想通りちょっと諄く感じられもしかして入っていなくても問題ないんじゃなかろうか(笑)

f:id:unkosuzou:20220415101826p:plain
f:id:unkosuzou:20220415101829p:plain

よく出来たラーメンの「全部が同時になくなっていく」という法則はやはりあたっているようでここのも良い感じに遂行してしまった。

f:id:unkosuzou:20220415101833p:plain
f:id:unkosuzou:20220415101836p:plain
f:id:unkosuzou:20220415101754p:plain

かなり余裕をもってスープまで完食。

これだけキレイな景色見ながらラーメン食べるってさすがにあまり経験ないけどやってみると中々良いもんだとよくわかった。

接客されたのは男性スタッフで厨房にもうひとりの二人体制なのかもしれないがこういう企画は楽しめるので応援したいと思う。

4月4日からいつまでなのか公式サイトにも書いていないのでわからないが続けて欲しいグローバルリゾート弥山の一麺天に通ずのカツオ醤油ラーメンチャーシュー増しだった。

ちなみに会計はホテルのフロントで(笑)

現在はこの出張営業は終わっています。

回転すし北海道 河北店(倉吉市)

f:id:unkosuzou:20220411161105p:plain

回転すし北海道 河北店

息子にランチで連れてきてもらった地元の回転寿司チェーン。

f:id:unkosuzou:20220411161159p:plain
f:id:unkosuzou:20220411161229p:plain

ここらへんでは絶大なる人気がある回転寿司チェーン店のようで店名から北海道の魚が多いのかと思っていた。

f:id:unkosuzou:20220411161202p:plain
f:id:unkosuzou:20220411161204p:plain

広い店内に入ると凄く混んでいてスマホで息子が予約してくれたからすぐに座れたが普通だったら相当に待たなきゃならんかっただろう。

どうでもいいか北海道産にも地元産にもこだわっている訳ではないようだ。

f:id:unkosuzou:20220411161207p:plain
f:id:unkosuzou:20220411161210p:plain

値段はスシローなどと比較すると若干高めの設定のようだ。

よくわからんので息子に注文を任せてみた。

f:id:unkosuzou:20220411161708p:plain

まずきたのは宇和島産のサバ。

ここで気がついたが一貫がネタもシャリもけっこう大きくてこれはたくさん食べられないタイプだと確信した。

f:id:unkosuzou:20220411161929p:plain

本日のオススメ三貫盛(イサキ・アジ・メバチトロ)350円だったかな?

これも大迫力でここのお店の人気の理由がよくわかる。

f:id:unkosuzou:20220411162721p:plain

愛媛産桜鯛250円。

この値段でこのクオリティはちょっと考えられないレベルで凄い厚みのネタにマジでビビってしまった。

f:id:unkosuzou:20220411161212p:plain
f:id:unkosuzou:20220411161215p:plain

ヒラメにスズキは各290円で何がしら味付けしてある事が多くけっこう手が込んでいる。

自分はもうココらへんで急失速して食べられなくなってしまった。

f:id:unkosuzou:20220411162229p:plain

これは息子が食べたのだがイカの贅沢盛り。

f:id:unkosuzou:20220411161220p:plain
f:id:unkosuzou:20220411161217p:plain

炙り連子鯛290円をヨコで息子は食っているが自分はもうガリを貰ったがこのガリもしっかりしたのでちょっと驚いた。

f:id:unkosuzou:20220411161222p:plain
f:id:unkosuzou:20220411161224p:plain

そしてこれがここの名物らしくタマゴなのだが握りではなくなかにシャリが包み込まれているというオモシロ握りだ。

f:id:unkosuzou:20220411161227p:plain

そして〆の石狩汁250円だがさすがにココで息子も腹一杯になったようだ。

ランチで寿司ってあまり食べないのだがアルコールなしでもけっこう楽しめるのがわかった。

これだけ食べて全部で4000円ってのはやっぱり凄く安いと認めざるを得ない。

スシローなどの大手チェーン店は一個一個は確かに安いのだが如何せん量が少ないのでついつい食べすぎて気がつけばこれより高くなることは確実と思われる。

それにしてもこの大人気ぶりにはちゃんと理由があるのがよくわかった回転すし北海道 河北店だった。

冬季限定 コク辛塩ラーメン(寿がきや)

f:id:unkosuzou:20220316105836p:plain

冬季限定 コク辛塩ラーメン

標準小売 238円(税抜)

発 売 日 令和3年12月6日(月)

f:id:unkosuzou:20220316105908p:plain
f:id:unkosuzou:20220316105911p:plain
f:id:unkosuzou:20220316105914p:plain

 青唐辛子の辛さ!ニンニクと背脂のコク!  

「冬に食べたい“熱々”で“コクのある”ラーメン」がコンセプトの『コク塩ラーメン』 。

f:id:unkosuzou:20220316105916p:plain
f:id:unkosuzou:20220316105919p:plain
f:id:unkosuzou:20220316105922p:plain

今回塩ラーメンの名店「町田汁場しおらーめん進化」に監修いただき、コク塩のコンセプトそのままに“青唐辛子”のキレのある辛みと“ガーリック”のコクを加えた、独創的で新しい味わいに仕上げました。

f:id:unkosuzou:20220316105925p:plain
f:id:unkosuzou:20220316105927p:plain

 め ん  しっかりとしたコシと滑らかな口当たりの全粒粉入りノンフライ中細めん。

f:id:unkosuzou:20220316110241p:plain

スープ  豚骨、鶏ガラをじっくり炊き出したスープに、背脂とガーリックのコクを加え、青唐辛子の辛さとキレをきかせた塩ラーメンスープ。

f:id:unkosuzou:20220316105931p:plain
f:id:unkosuzou:20220316105934p:plain

かやく  肉そぼろ、白菜、3種のネギ(白ネギ、青ネギ、焦がしネギ)、フライドガーリック、背脂顆粒。

f:id:unkosuzou:20220316105937p:plain
f:id:unkosuzou:20220316105940p:plain

寿がきやの辛いカップ麺だからちょっと構えて食べたが辛さはそれほどでもなくこれだったら普通のヒトでも余裕で食べられるだろう。

その青唐辛子の辛さがなんていうかニンニクと相まって絶妙でこの塩スープの旨味を最大限に発揮しているように思える。

後半にかけても食べ飽きることなく一気に食べることが可能で気がつけばスープまで完食してしまっていた。

最近のカップ麺のレベルの向上はどこまで突き進むのかわからないがこれも印象に残るくらいの美味さの冬季限定 コク辛塩ラーメンだった。