らをた広島

食べ歩きブログ

牛首村

東京に暮らす女子高生の雨宮奏音(Koki,)は、心霊動画に映る自分にそっくりの女子高生を見つける。
その少女は牛の首のマスクを強引に付けさせられ、廃虚に閉じ込められようとしていた。
胸騒ぎを覚えた奏音は、動画が撮影された坪野鉱泉へ向かい、「牛首村」と呼ばれる村に残る風習の存在に凍りつく。

『犬鳴村』『樹海村』に続いて清水崇監督が心霊スポットをテーマに撮り上げる「恐怖の村」シリーズ第3弾で、モデルのKoki,の女優デビュー作となるホラー。
自分にそっくりの少女の動画を見たヒロインが、とある村の奇妙な風習にまつわる恐ろしい体験に巻き込まれる。

Koki,がヒロインと自分にうり二つの少女の二役を演じ、『イノセント15』などの萩原利久や『仮面ライダーゼロワン』シリーズなどの高橋文哉、『あの群青の向こうへ』などの芋生悠らが共演する。

『犬鳴村』『樹海村』も観たのでその3部作目たる牛首村も見ることにした。

キムタクの娘のKoki,が主演なのも話題になった。

Koki,の父親役はあのココリコ田中直樹で最近役者としての露出が増えているようだ。

肝心のKoki,だがよくある二世タレントの痛い演技かと思ったら演技はかなりしっかりしていてちゃんとしたホラー映画として成立している。

この手のホラーによくあるこれと言ってメジャーな俳優は松尾諭くらいで後はほとんど駆け出しの若手で固められている登竜門的な作品だ。

今回の映画の舞台は富山県ロードムービーみたいになってくるがこの手法なら幾らでも映画が作れてしまいそうだ。

ストーリーは何ていうかあってなきが如しと言うかペラペラに軽薄で単純と言うか非現実と言うかヒネリも何もない。

そういう映画だとわかると基本的にビックリさせる恐怖が主体だとわかってきて色んなギミックも怖くなくなってしまった。

暑い夏の夜に涼を求めてこの映画を観たのだが前半はまあまあ怖かったが中盤から後半にかけて段々不安になってきた。

全編に渡ってあらゆる意味でB級感満載でKoki,を映画出演させるための作品という意味合いが強い印象だ。

そんなKoki,のガンパリもあって後半は『犬鳴村』『樹海村』よりも随分とホラーとしてはマトモな仕上がりで話しの整合性はともかくそれなりに楽しめた。

出演者からして若い人向けの映画と思われるがこれからもホラー映画を作り続けて欲しいと思わせた牛首村だった。

 

貝と牛と中華そば うみ虎 海田店(安芸郡)特製冷やし和風中華そば

貝と牛と中華そば うみ虎 海田店

安佐南区の方のお店には行ったことはあるがこちら海田店は初訪麺だ。

結構な交通量のある道路に面しているのだがここのお店の場所が若干わかりづらくナビを使って来たのに前を通り過ぎてしまい、挽回するのにグルグル回ってやっとたどり着いた次第だ。

店内にはいると待ち受けてくれるのは自動券売機でこれで目当てである特製冷やし和風中華そばの食券を購入してテーブル席に案内された。

ラーメン屋さんにしては珍しいカウンターのない店内。

スタッフはみんな若く女性ふたりに男性ひとりの三人体制のようだ。

ちょっと待ってからキタヨ!!貝と牛と中華そば うみ虎 海田店の特製冷やし和風中華そば1050円。

通常の冷やし和風中華そばが850円なので200円のアップになる。

味変として好みでワサビを入れるように説明された。

コシが際立つ麺はキンキンに冷えていて舌触りが心地よい。

ラーメンの麺よりちょっと太いような気もするがつけ麺用なのかな?

基本的に醤油ラーメンがベースと思われるがウマくまとまっているとは思うが個人的にはゴマ油の香りが強すぎるのは好みじゃない。

2種類のチャーシューに煮玉子はおそらくは通常の特製と共通でここのお店独特な細いメンマも同様だ。

さてここで味変を試みるべくワサビを半分だけスープに溶いてみた。

だけどあまり変化は感じられなかったので結局全部入れてみたがほんのりワサビの香りがするだけでそれほどの変化は感じられない。

チャーシューはそもそもしっかりしているので問題はないのだがやはり温かいほうがよりその良さを感じられてしまうのは仕方がない。

後半に入ってゴマ油の風味がなくなってからのほうがスープは好みに変化してくれてここらへんはもう少し違ったアプローチのほうが良いんじゃなかろうか。

トータルでのデキは悪くはないのだがベースのラーメンの延長という感じでそれほど目新しさは感じられないもの事実だ。

そうは言いながらもスープまで完食してしまった。

ここのお店のファンにはすんなり受け入れられそうではあるがプラスアルファを望んでしまうラヲタには若干物足りなさも残った貝と牛と中華そば うみ虎 海田店の特製冷やし和風中華そばだった。

ラーメン 徹(南区)ラーメンミニ野菜ニンニクマシ

ラーメン 徹

公式サイトによるとつい最近開店したお店のようだ。

「ラーメンとおる」と読むのかと思ったら「ラーメンテツ」が正しいようだ。

看板には「成蹊前ラーメンリスペクト」と書いてあるが成蹊前ラーメンって何かわからないが要は二郎系ラーメンと思えば良いのだろう。

それにしても初めてここにきたがグーグルマップを使っているのにわからなくてお店の前を通り過ぎてしまった(笑)

麺はあの浅草開化楼と書いてあるが少なくともこれまで二郎系と浅草開化楼という組み合わせは自分は経験がないのでどういうのがでてくるのか非常に興味ある。

ちょっと待ってからキタヨ!!ラーメン 徹のラーメンミニ野菜ニンニクマシ830円。

ちなみにデフォルトのラーメンは麺200gで850円、今回のミニが150gで830円、更に少ないプチが100gで830円だ。

因みに「野菜」「ニンニク」「アブラ」「トウガラシ」は無料トッピングでマシとマシマシができるようだ。

麺が見えないのでとりあえず野菜をかきわけてやっとご対麺できた。

二郎系らしくゴワゴワ食感の迫力の太麺に感激してしまった。

さてさてニンニクをスープ全体に行き渡らせてからガッツリいただいたがどちらかと言えばアッサリした二郎系でこれなら量を間違えなければ初心者でも二郎系のなんたるかはわかりやすかろう。

二郎系のお約束、ブッといチャーシューも健在でデフォルトでは1枚はいっているがじゅうぶんに柔らかくて迫力満点だ。

まずはこれをやっつけておかないと後半キツくなるのが二郎系の常なので積極的にチャーシューを食べることにした。

スープはアブラがそれほど多くないがトンコツの旨みはかなりあるのでこのゴツいゴワゴワ麺やモヤシ、チャーシューに負けていない。

麺の量を150グラムに抑えているのでここらへんで全然余裕で食べられることが判明したので敢えてチャーシューを先に攻略するのはやめることにした。

モヤシやキャベツもシャキシャキウマいし麺が控えめだと余裕があるのでアレコレいろんなことに気付かされる。

サクサク食べてスープまで余力を残して完食してしまった。

これだったらデフォルトの200グラムでも良かったと思った。

それとメニューにあった「すっぱ辛ラーメン」「赤ラーメン」という辛いラーメンシリーズもきっと面白いんじゃないかととっても興味が膨らんでしまったラーメン 徹のラーメンミニ野菜ニンニクマシだった。

これは面白い店ができたもんだ。

スプリガン

かつてこの地球には、優れた文明が存在した。

現代では到底及びもつかない知識や科学力を持っていたという超古代人の遺産が、今もなお世界の各所で人知れず眠っているという。

高速の通信網が世界中を覆い尽くし、衛星のレンズが全ての秘密を暴き立てようとしている今、不可思議な“力”を持つその遺産の発掘・研究に大国の軍部が介入し、その争奪戦を開始した。

そんな中、超古代文明の何者かがプレートに綴った“我々の遺産を悪しき者より守れ”というメッセージを誠実に受け止め、超古代文明を封印する事を目的に活動する組織があった。

その組織の特殊工作員を……スプリガンと呼ぶ。

現役高校生にして、超古代文明の遺産を封印する為に活動する“アーカム”のS級工作員スプリガン”の一人。

特殊強化服“A・M(アーマード・マッスル)スーツ”を身に纏い、危険な任務に立ち向かう。

富士山麓の樹海で古代遺跡“火の社”が発見された。

遺跡内の文字を解読すべくアーカム言語学の天才・山菱理恵を米国より招聘するが、“火の社”に秘められた力を狙う二大国から特殊部隊を差し向けられる。

スプリガン”御神苗優は、襲い来る敵から理恵を護りつつ“火の社”に向かうが、SVRの諸刃功一に理恵を奪われ、遺跡の発動を許してしまう。

ネットフリックスの1話40分程度で全6話の新作アニメ。

どうやらかなり昔の作品のリメイクのようだがオリジナルのスプリガンも観たことが無い。

昔のマンガらしくなかなかぶっ飛んだ人物設定と世界観だけど比較的わかりやすく単純な内容なのですんなり入っていける。

モーションピクチャーを使っているのかハッキリとはわからないがとにかく作画は滑らかで美しくキレイだ。

だが内容は80年代のこの手のアクションアニメみたいなどこか懐かしさが溢れていてこれはおそらく意図的にやっているのだろう。

基本的にバトルアニメなのだが幾らキレイな作画でも今となってはその表現がどうにも古臭く感じられるのは30年も前の原作が今の時代にそぐわなくなってしまっているのかも知れない。

ネットフリックスらしくかなりグロい表現もあるのでオコチャマ向けって訳でもないのだろうが現代の最新兵器が昔の概念のパワースーツみたいなのに負けるのが腑に落ちないのかも知れない。

第2話あたりで完全に飽きてしまったのだがまあ映像の美しさに免じて我慢して続ける事にした。

要は昔の反米思想や人物設定はそのままなのに作品の世界観がゴッソリ今風になっているからどうにもずっと違和感がついて回る。

見せ場がバトルシーンの迫力を楽しむ作品と割り切って観ていたがイマイチ作品に入り切れない。

最新のアニメーションなのに何故か大昔の作品を見ているかのような錯覚をずっと感じながら見ているので結果としてつまらない。

こうなると後半は惰性になるのだが幾ら作画がキレイでも差1話づつが長いので相当に苦痛だった。

しかしこのスプリガンのリメイクのターゲットは誰なんだろう?

こんなの最近の目の肥えたアニメファンは相手にしないだろうし昔のスプリガンファンからすれば世界観違いすぎるだろう。

リメイクと言うのは案外カンタンではないのかも知らないが思い切ってキャラクターも別物に変えてしまったほうがわかりやすかったかも知れないと思ったスプリガンだった。

どうもネトフリアニメはハズレが多いような気がする。

 

クスクスラーメン 横川店(西区)豚骨醤油ラーメン

クスクスラーメン 横川店

公式サイトにてクスクスラーメン以外のメニューを一新したと告知があったので確かめにやってきた。

メニューを見ると豚骨醤油、醤油、トンコツ、味噌とあったのでどれにしようか迷ったが豚骨醤油ラーメンにした。

しかしこの豪快なニンニクの容器はちょっと見たことがない(笑)

ちょっと待ってからキタヨ!!クスクスラーメン 横川店の豚骨醤油ラーメン750円。

浅めの丼にかなりキレイに盛り付けてあるのが印象的だ。

ザクッとした独特な食感の麺は二郎系のクスクスラーメンとはまったく違っていて、こういうのはあまり食べたことがないように思う。

チャーシューもクスクスラーメン違って薄く切ってあるが基本的には同じもののように思える。

てっきり古典的な広島ラーメンみたいなのがでてくると予想していたのだが背脂が浮いていてちょっとニュアンスが違った。

ここで卓上のニンニクを少しだけ投下してみた。

豚骨醤油とニンニクとは相性が悪いはずもなく香ばしい香りもしてきて更に旨味がアップしたようだ。

これって並盛りなのに麺の量がかなり多いようで食べても食べても麺が底から湧き上がってくるかの如く、なかなかなくならない(笑)

どうにかこうにか麺を全部やっつけた頃にはお腹がパンパンになってしまってスープまで完食なんてできなかった。

さすが二郎系が売りの店だけあって通常のラーメンもドカ盛りがデフォルトになっているようだ。

これなら食欲旺盛な若者とかに指示されるのは間違いないが自分のようなオッサンには気合を入れてチャレンジする必要がありそうに感じたクスクスラーメン 横川店の豚骨醤油ラーメンだった。

らーめん もりかわ(南区)塩二郎系インスパイア

らーめん もりかわ

インスパイアのスープが変わったと公式サイトにあったので確認しにやってきた。

入店すると以前はなかった自動券売機で。

最初は面食らったがよく見るとカンタンなタイプでサクサクできた。

大将の説明で新しい塩二郎系インスパイアというメニューを始めたそうなのでこれに決定。

ちょっと待ってからキタヨ!!らーめん もりかわの塩二郎系インスパイア(ニンニクあり太麺180g)870円。

いずれ製麺機を入れて自家製麺に移行するそうだけど今はまだ二郎系ではあまり見ない平打ちの太麺。

確かにこの手のラーメンにはもっともっとゴワゴワしたような食感のほうがあっていると思う。

ニンニクはたっぷりかかっているでこれをスープ全体に馴染ませる。

モヤシはかなり太くこれが麺と同調するのが二郎系の特徴のひとつではある。

それと次郎系といえばやはり肝心なのはブッといチャーシューがドカンと入ってて欲しいのだがここらへんも抜かりはない。

塩スープの二郎系ってのは初めてなのでどんなのか期待と不安が半々だったがそれほど違和感はなく思ったより悪くない。

最初にこのデカいチャーシューをまずやっつけたのだがこの大きな脂身はヤバいので申し訳ないがちょっと残させてもらった。

麺は180グラムだけど全体の量はけっこうあってオッサンにはここらへんからかなり厳しくなってきた(笑)

それでもニンニクがしっかりと効いているのでペースを落とすことなくガンガン食べることができた。

この日は特に暑くコロナ対策か扉を開け放った店内はクーラーがあまり効いておらずここらあたりで暑さでフラフラだ。

ここで白旗を揚げて退散したのだがこれから麺もタレも変更するらしいからちょっと楽しみになってきたらーめん もりかわの塩二郎系インスパイアだった。

エージェントトリガー

「24-TWENTY FOUR」のブラッド・ターナー監督が贈るハードボイルド・スパイアクション。

記憶を失った元スパイの孤独な闘いを描く。

敵から拷問を受け、一部の記憶を失った米政府機関の元エージェント、ニコラス。

田舎で隠遁生活を送っていたある日、かつての上司イライアスが訪ねてくる。

連続スパイ暗殺事件を捜査中に拉致された彼の娘、モニカの救出を懇願されたニコラスは、スパイの世界に否応なく引きずり込まれる。

伝説のテレビドラマ「24-TWENTY FOUR」の監督の映画と知って期待して観た。

タイトルのエージェントトリガーは(銃の)引き金,(紛争などの)きっかけ,はずみ,誘因とかの意味でこの場合、きっかけかな?

主役はさしずめ一部記憶を失って退役したジャックバウアーみたいなもんか(笑)

24-TWENTY FOURの監督だからその役者を使うんじゃないかと予想したがやはりモリス・オブライエンのヒトが出ていてちょっと安心した(笑)

劇中に名門ベントレーの2ドアSUVが出てくるがとうとうベントレーSUV作るようになったか。

こうなるともうフェラーリマクラーレンまでもSUV作りそうだ。

ストーリーは比較的単純で一言で言えばリベンジものだが1時間20分しかない極端に短い上映時間なのであれよあれよと言う間に話しが進んでいく。

サビだけの曲みたいに要らない部分を極限まで削ぎ落として仕上げたような内容にこの監督の才能が滲み出ている。

エンドロールを除けばたった1時間ちょっとの上映時間でこのデキだったら本当に一瞬に感じられてしまった。

コレが映画館で公開されたのかはわからないがさすがにこんなに短いと入ってすぐ出るハメになったような気がしないでもないが有料配信専用映画ならこういうのは大歓迎だ。

もしかしたらコレからはこういう配信用の映画が増えるかも知れないがそれはそれで面白いと思う。

当然のように続編が出来そうだが個人的には強くソレを望みたい。

かなり楽しめたエージェントトリガーだった。